2018年07月23日

201806euドイツ 1日目その2「このピルスナーは、アルトビール寄りです。]


IMG_9996.jpg

 このSバーン(都市近郊鉄道)は、ハンブルク市内方面行きです。

 というわけで、空港から市内へ向かいます。
 周りの人がみなドイツ語っぽく聞こえる言葉をしゃべってるので、ああ、とうとうドイツ来ちゃったんだなあ、という感慨にふけってます。最初に異国に来たときに見るのはどこでもたいてい、空港鉄道の車窓からの、建物の屋根・壁、植わってる木やその葉っぱなんかです。6月だからなのかドイツだからなのか、緑が深いなあなんて思ってます。

IMG_9999.jpg

 初日の宿はすでに予約済みで、ハンブルク中心街から鉄道等で10分ほど空港寄りのところにありました。なので、ハンブルク中央駅等に寄ることなく、まずは宿近くの駅に降りるのですが。

IMG_0001.jpg
IMG_0006.jpg

 ふつーの郊外の町で、中規模のバスターミナルと何の変哲もない生活用商店が並び、そして若干のガラ悪さかなと。たむろしてる若者がいたり、朝には路上で人が寝てたりというリアルな感じで、しかも降りた駅からまあまあ歩かないといけない。宿も極力エコノミーな感じで、夜遅いとフロントに人がいなくなり、エントランスのチェックイン機で自動チェックイン、暗証番号で建物に入るという、まあ便利と言えば便利、エコノミーといえばエコノミー。

IMG_0002.jpg

 いや、そんなことはどうでもいい、あたしはこの国にビールを飲みにきたんです。
 というわけでとさっそく市の中心街に出ます。
 なんたって↑午後8時でこの明るさですから、夜遊びが捗ることこのうえないわけです。サマータイムだし夏至も近いし、ドイツ在住経験のある職場の知人によれば「ドイツは6月が最高」だったらしく、わーい、ラッキー(笑)。

IMG_0015.jpg
IMG_0013.jpg
IMG_0010.jpg

 このへんが、ハンブルクの観光スポットのひとつである「倉庫街」というところで、煉瓦と船と運河な感じ。19世紀後半ですから、日本で言う明治期の近代遺産で、一応世界遺産認定らしいです。
 港湾都市らしいからこういう見どころがあるのはなんとなくわかるんですが、そもそもハンブルクって、ハンザ同盟とハンバーグ以外にどういう街なのか、よく知らんのでした。

 というわけで、説明しよう、ハンブルクとは。
 ハンザ同盟の中心だった商人と自由貿易の街・ハンブルクは、現在ベルリンに次ぐドイツ第2の都市とのことで、たしかにこの倉庫街の雰囲気以外にはあまりヨーロッパっぽい雰囲気のしないふつーの都会という印象です。ドイツ自体、近代化はよそに比べてわりと遅かったらしいのですが、工業化が進むにつれて、貿易港として大々的に整備されたのがこの倉庫街という。いまでもヨーロッパではロッテルダムに次いで2位の貿易港とのことで、ドイツの工業国キャラを海運と貿易で支えてきたんだろうなあという感じです。じゃあまあ、ふつーの都会っぽくてもしかたない。

2018-07-22_10h13_14.png

 ところでハンブルクを地図上で見ると、海沿いではなくむしろ内陸にあるので、「港湾都市??」となるんですが、実はエルベ川のでっかい河口が北西からぐいっと切り込んで来てるので、でっかい船がここまで来るんですね、ドイツでも京都でも水運が大事。

 よし、じゃあビールです。

 ところで、ハンブルクのビールやさん事情をいろいろ事前に調べてたんですが、調べても調べても、おすすめ評判の店がほぼ1軒しか出てこず集中してるわけです。ドイツビール本でもここが出てくるし、ネットで調べてもここ以外に出てこないし、辻調理師専門学校のブログなどというなかなかに信頼置けそうな情報源があるんですけど、そこでも紹介されてるのはここ、っていう。
 え、これ大丈夫かな、とむしろ不安になります、ビールの層のあまり厚くない土地柄かしら的な。

IMG_0019.jpg
IMG_0020.jpg
IMG_0024.jpg
IMG_0025.jpg

 その店の名を「グレーニンガー(Gröninger。なお、このブログではこれ以降ウムラウトを適当に省いたりする場合があります)」と言います。醸造所兼ブロイハウス的な。(ブロイ=ビール)
 ハンブルク最古だかハンザ都市最古だからしい老舗ですが、飾り看板と石造り地下ケラー以外にはあんまそんなふうにも見えない、なんか奥の方でグループがウェイウェイ騒いでるような、ふつーにさくっと飲み食いする感じの店ではありますが。

IMG_0030.jpg

 予習ノートによれば、どっかで「ここのピルスナーが美味い」と目にしたらしく、ビールリストにも一番目に店名の銘柄付きで載ってるので、まあ、ドイツのファーストパイントは奇をてらわずにピルスナーで様子を見ましょうよね、という。

 説明しよう、ピルスナーとは。
 日本で、ていうか世界のだいたいで、「ビール」と聞いて一般的に思い浮かぶタイプの”ふつー”のビールがいわゆる「ピルスナー」で、チェコのピルゼンでうまれた「ピルスナー・ウルケル」がその元祖であり、ラガーで、淡色で、さっぱりとして、ホップ苦くて、ああふつーのビールですね、というやつ。
 そもそも、わざわざドイツにビールを飲みに来たと言うことは、”ふつーじゃないやつ”を飲みに来たというわけではあるんですが、とは言え先達の話を聞くに、ドイツやチェコで本場のピルスナーをはじめて飲んだらすごく美味しくてびっくりした、みたいな感じを言う人が少なくないので、なるほど、じゃあ1杯目はその”ふつー”のピルスナーがドイツではどう”ふつー”じゃないかを最初に確かめみよう、って思うじゃないですか。

 で、注文して出てきたのがこれです。

IMG_0023.jpg

 ・・・紅い。
 え、紅い? ピルスナーが? これをピルスナーってこの土地では言うの?
 飲んでみたら、まあまあこってりめですよ、甘みも結構あるし、さっぱりなんてもんじゃない。透き通ってもなくてうっすら濁ってるし、炭酸ガスがなんというかやや強めで細かい感じがする。ていうか、紅い。こんな色だったら、レッドビールですとかアルトビールですとか言って出されても下手したら信じちゃいますけど。
 こんなのがピルスって言って出てくるんですか、そうか、この調子だとドイツのこの先がだいぶやばいというか思いやられるな、という感じです。いや、たぶん先達の人たちが言ってた「本場のピルスナーが美味い」というのはこういうことではないんだろうな(笑)、と思うんですが、だいぶ美味いというか、好きな部類に入るビールだったので、結果OKです。

 ただし、このピルスナーには満足したものの、それ以外にはピンと来るものがなかったらしく、さくっと2軒目に向かうことにしたegamiday氏。

IMG_0034.jpg

 ハンブルクの市庁舎。
 ていうかもう9時半ですが、いつ夜になるんだろう?

IMG_0035.jpg
IMG_0037.jpg
IMG_0040.jpg

 ハンブルクで2番目に名前が挙がる、「Joh Albrecht」お店。

IMG_0038.jpg

 ここではヘレスビールがメニューの一番目にあがってたので、それを。
 説明しよう、ヘレスビールとは。
 「淡い」という意味の名を持つヘレスは、デュンケルのような濃くて甘みのあるものとは対照的で、そもそもチェコのピルスナーに対抗するかのように生み出されたビールとかで、色は淡色、ホップの苦みは低く、麦芽の風味は強めという、ミュンヘンを中心とした南ドイツのビール・・・あ、南のなんだ。
 というんで飲んでみると、だいぶ麦の匂いが表に出てくるので、淡い麦汁だなという感じです。0.3l、3.2eur。

IMG_0039.jpg

 やっとフードです。ていうか、実はおなかすいてた。とはいえ夜も遅いので、パンとスープで虫養い程度で。
 この時期のドイツはとにかく白アスパラガス(Spargel)だそうで、メニューからそのアスパラスープを選んだところ、アスパラはともかく、強めの塩分と、ネギの香りとシャキシャキ感が、長旅で疲れ切った身体と血液を急速に癒やしてくれる、そこへ黒パンを胃に押し込む。ああ、ようやく”ととのった”な、と。

 宿が遠いので、とりあえずこのくらいにしときます。

 なお、ビールについては今後随時この辺を参照。

ビールの教科書 (講談社選書メチエ)
ビールの教科書 (講談社選書メチエ)

posted by egamiday3 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

201806euドイツ 1日目その1「このフライトは、ドイツ3B方面行きです」


 -- ドイツ3Bと言えば、ビール(Bier)、鉄道(Bahn)、図書館(Bibliothek)である。--



 ドイツに行ってきました、っていう話です。

 実はドイツにはまだ”ちゃんと”行けてなくて、もう10年近くも「次の旅先」togoリストに延々書き残されたままでした。やばかった。
 ”ちゃんと”というのはどういう意味かと言うと、ヨーロッパ内ぐるっと大まわりとかの時に1-2泊鉄道で通りはした、というだけ。06年ユーレイルパス(https://europeday4.exblog.jp/)、13年ユーレイルパス(http://egamiday3.seesaa.net/article/347457951.html)、の時に寄るには寄った、しかもなぜかライン川沿岸ルートだけ行ってるという感じ。ドイツそのものにスポットをあてて行ったこともないばかりか、出張で1都市に数日という程度の軽い滞在すらしたことない、それどころかベルリンひとつに足を踏み入れたこともないんだもの。
 それではいかんだろうと言うことで、まとまった予習期間とまとまった旅行期間をとり、ドイツにちゃんと向き合う、という旅に出たわけです。

 旅の概要については「0日目その1」(http://egamiday3.seesaa.net/article/460485487.html)のとおり。
 到着地はハンブルク(6/9夕)。
 帰国地はなぜかチューリッヒ(6/17朝)。
 そのあいだは決めてはいないものの、ベルリンとミュンヘンは行くだろう、という感じの旅程です。

 というわけで、1日目朝、MKの乗り合いで関空に向かいます。

IMG_0000-9964.jpg
IMG_0000-9968.jpg
IMG_0000-9967.jpg

 ドイツが意外と冷え込むような天気予報だったので、フリースを1枚入れてきておいたのですが、正解でした、そもそも行きのMKの冷房が寒い。(なおもう1枚の薄ジャンパーはほぼ出番なかった模様)
 そんなフリース以外は極力荷物を減らしてきたので、預け荷物を計量するとたったの4.8キロでした。いつものことながらたぶん手荷物のほうが重い。

IMG_0000-9972.jpg

 なお、今回はフィンエアーを使いましたため、このフライトはいったんヘルシンキ方面行きです。
   関空 10:45 → 14:45 ヘルシンキ 17:30 → ハンブルク 18:30
 という旅程になります。
 旅行事務的には、フィンエアーのバゲッジドロップがスカスカなので、オンラインチェックイン必須です、という申し送り。

IMG_0000-9974.jpg
IMG_0000-9977.jpg

 9時間45分(さすがヘルシンキは近い)の往路では、特に言及すべき機内食も映画もなく、主にデスクワークをしてました。旅の予習です。さすがフィンエアーさんは機内wifi完備で、デスクワークが捗ります。

 というわけで、ここで旅の予習、総ざらえ。

 参考文献(「0日目その2」http://egamiday3.seesaa.net/article/460443477.html)のおおむねはここ2ヶ月程度でざっと目を通してきました。目を通して、気になったところをノートに書き貯めていき、あるいはクラウド的なツールに書き込んでいき、というような感じです。
 特に今回のドイツ旅はビール(Bier)、鉄道(Bahn)、そして図書館(Bibliothek)に力点をおいてやってきたわけで、あれよく考えたらこれ「ドイツ3B」じゃないですかね、ていう。

 旅の目的その1、ビール(Bier)。
 海外で土地のビールを飲むことを、国内でクラフトビールを飲むことを不幸にも覚えてしまい、やれアルトだやれボックだやれヴァイツェンだドイツんだオラんだと言いつつも、そのくせドイツでまともにドイツビールと向き合ったこともない、こんなぼーっとしたことではチコちゃんに叱られる、というんで、ちゃんとビールのことを勉強して、ちゃんとドイツの背景的なことを勉強して、それから飲むんだったら飲みましょうよ、という話です。ちなみに、某ビール先輩(と勝手に思ってる知人)にたまたまビール屋で会った時に、ミュンヘンに山ほどビアホールがあってねという話を聞かされてたので、その時の店名メモを後生大事にしてGoogleマップにお気に入り保存してきました。

munich.jpg

 ミュンヘンに限らず、基本的にどの土地でどのローカルビールを飲むかをメイン軸に旅程が決まっていく、というタイプの旅だと思ってください。ビアライゼ(ドイツ語でビール紀行)、と言えるほどのたいそうなものかはわかりませんが。

 旅の目的その2、鉄道(Bahn)。
 観光がしたいわけじゃないんです、旅がしたいんです、しかもできる限り鉄道で。そのはずだったのに、前回の16年シチリアがいまいち捗らないうえにショーペロ(ストライキ)で終わりとかいう不燃性の旅だったので、軽くキレて、鉄道といえば有無を言わさずドイツだろう、ドイツといえば鉄道だろうと。国土の隅々まで路線がある、予約無しで特急に乗れる、車両シートが快適、駅にコインロッカーが整備されてる、すばらしい、旅が捗らざるを得ない、ていうかむしろなぜ今までドイツ行ってないんだ、ていう。

IMG_2855.jpg
IMG_2856.jpg

 ジャーマンレイルパスも買いました。値段にそこまでの差がないし、車内では旅行事務等のデスクワークもしなきゃいけない、旅のインフラだからと言い訳含みの、奮発してファーストです。ネットで買ってそのままPDF印刷、という手軽さがさらにうれしい。
 ドイツ鉄道(DB:Deutsche Bahn)の乗り換え検索アプリもダウンロードしました。ドイツだけじゃなくヨーロッパ全土の鉄道が検索できますから、鉄道と言えばドイツ、は伊達じゃないと思います。
 もちろんトマスクックの時刻表も買いました、なんだかんだいって、データベースだけじゃなく紙の時刻表がないと”おもろい”ルートというのは見つけ難い。でも重いの、でドイツ部分だけ切り出してクリアファイルで仮製本。
 というわけで、基本的にどんな”おもろい”ルートで移動できるかをメイン軸に旅程が決まっていく、というタイプの旅だと思ってください。(軸、2本目)

 旅の目的その3、図書館(Bibliothek)。
 じゃあ、鉄道で降りたってビールを飲む前にどこを観に行くんだ、ていう話なので、ひととおりドイツ図書館関連本に目を通してみたところ、なんというか、さすがグーテンベルクが生まれたのは特異点でもなんでもなかったんだなというか、図書館/出版文化史関係の見どころが予習すればするほど、泉のように湧いて出てくるわけです。ローカルな図書館の見どころをこれでもかと解説するような本に捕まっちゃったんだもの。領邦国家の主たちはそこまで書籍蒐集にご執心でしたかねっていう。

 そんな感じで、この街のビール、この鉄道ルート、この図書館、文化財、建築、街並みand so onの極私的ブックマークを、地図状にちまちままとめていく、という2ヶ月の予習の末にできあがったノート(一部)がこちら。

IMG_0000-9978.jpg

 もちろん、実際はこの9割方には行かずあきらめてるわけですが、こうやって自分なりの整理でまとめるからこそ行くほうの1割に光がくっきり当てられるわけですし、ていうかそれより何より、これ書いてる時がいっちばん楽しいんですもの、そっちのほうがむしろ本番だな、っていう。
 見どころブックマークを、地図状インデックスにして、現在地と時刻表を見比べながら、次に降りる街を決めていく。そういうタイプの旅だと思ってください。

 問題は、9割方をあきらめなきゃならない悔しさのほうで、あろうことかドイツまだ行く前からすでに「もう一回ドイツ行きたい」などという世迷い言が口をついて出てるという。

IMG_0000-9981.jpg
IMG_0000-9983.jpg

 なお、持参しておきたいと思った参考文献の多くはKindleや自炊で持ってきましたが、あまりに荷物が軽いのでと追加で一冊入れてきたドイツ文化史本、これを機内で流し読みしたところ、かなりグッドな訪問ポイントに気付くに至りましたので、良い参考文献との出逢いが旅を左右するよな、とあらためて思います。

現代ドイツを知るための62章【第2版】 (エリア・スタディーズ18)
現代ドイツを知るための62章【第2版】 (エリア・スタディーズ18)

 なんてことやってたら、9時間なんか秒で過ぎますよね。

IMG_0000-9990.JPG
IMG_0000-9992.JPG

 ヘルシンキ空港着。
 人混みから逃れるために600円の水を飲む。

 乗り換えて、ハンブルク空港へ。
 写真は撮れませんでしたが、着陸直前に見下ろしたハンブルクが、めちゃめちゃ木が多くてびっくりしました。人工的建造物がない土地にはすべて木が、しかもほぼすべて同じような背丈の同じようなまるっこさの木が、びっしりと植わってるという。あれは自然になのかしらそういう土地造りなのかしら。

IMG_0000-9994.JPG
IMG_0000-9995.JPG

 というわけで、ハンブルク空港到着。
 よっしゃ、待ってろよドイツ。


posted by egamiday3 at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

201806euドイツ 0日目その1「旅の概要」

 201806euドイツ、旅の概要です。


●旅の概要
・ドイツをまわる。
・プライベート&ヴァケーションベース(会議・訪問の類無し)な旅行。
・その時々であちこちに移動する、彷徨型の旅行。

●旅の目的
・ドイツ
・ドイツの、ビール
・ドイツの、鉄道
・ドイツの、図書館

●旅の日程(予定)
・2018/6/9 関空発→ハンブルク着
  ↓
 ・鉄道で、大きく移動する
 ・ベルリンには、行く (ベルリン自体目的)
 ・ミュンヘンにも、行く (ビール目的)
 ・それ以外はおおむね未定 
  ↓
・2018/6/17 チューリッヒ発→翌6/18関空着

IMG_2734.jpg

●旅の動機
・ドイツにはいまだに”ちゃんと”行ったことがなく、「次の旅先リスト」にずっと残ってて、いい加減そのtodoをかたせ、いや、かたさせろ、という旅情が荒ぶっていたから。
・2016年11月に行ったシチリアが、鉄道旅のいまいち捗らない土地柄で、思うように乗れてなかったせいで鉄道熱がくすぶっていたから。
・ここ数年のクラフトビールマイブームの末に、もうこれはそろそろドイツビールの樽に足を踏み入れないと収まらないだろう、というビアライゼ熱が高ぶっていたから。

 では、行ってきます。

posted by egamiday3 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

201806euドイツ 0日目その2「旅の参考文献」

 201906euドイツにおける、主な参考文献リスト。
 「・」の数は重要度。

●ドイツ−全般
・・森と山と川でたどるドイツ史 (岩波ジュニア新書)
物語 ドイツの歴史―ドイツ的とはなにか (中公新書)
ドイツ史10講 (岩波新書)(kindle)
・・ドイツ―ジャガイモとビールと世紀末 (ヨーロッパカルチャーガイド)
・・・ドイツ文化 55のキーワード (世界文化シリーズ)
・・現代ドイツを知るための62章【第2版】 (エリア・スタディーズ18)
世界歴史の旅 ドイツ―古都と古城と聖堂
旅の指さし会話帳 (20) ドイツ

●ドイツ−観光・街あるき
A14 地球の歩き方 ドイツ 2018~2019 (地球の歩き方 A 14)
A16 地球の歩き方 ベルリンと北ドイツ ハンブルク・ドレスデン・ライプツィヒ 2018~2019
A15 地球の歩き方 南ドイツ フランクフルト ミュンヘン ロマンティック街道 古城街道 2017~2018
28 地球の歩き方 aruco ドイツ 2018~2019 (地球の歩き方aruco)
ことりっぷ 海外版 フランクフルト・ベルリン (旅行ガイド)
ことりっぷ 海外版 ミュンヘン・ロマンチック街道 (旅行ガイド)
・・ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ (旅のヒントBOOK)
・・ロケみつ ザ・ワールド 桜 稲垣早希のヨーロッパ横断ブログ旅 ドイツ編
・・水曜どうでしょう 第7弾 ヨーロッパ21ヵ国完全制覇 [DVD]

●ドイツ−ビール
・・・ビールの教科書 (講談社選書メチエ)
・・・ビールを“読む”―ドイツの文化史と都市史のはざまで
・・・ドイツ地ビール夢の旅
もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ (岩波アクティブ新書)
ドイツビールを知る本
ビール王国 Vol.12 2016年 11月号 [雑誌]
・・ビール語辞典: ビールにまつわる言葉をイラストと豆知識でごくっと読み解く

●ドイツ−鉄道
ドイツ&オーストリア鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)(2006)
ヨーロッパ鉄道の旅 (2005-06) (地球の歩き方BY TRAIN (1))
・・・ペーターのドイツ鉄道旅行案内 (平凡社新書)
ドイツ=鉄道旅物語 (知恵の森文庫)
関口知宏が行くドイツ鉄道の旅
ヨーロッパ鉄道旅行ベストプラン30
ヨーロッパ鉄道旅行入門
鉄道で旅するドイツ
ドイツ保存鉄道

●ドイツ−図書館ほか
本棚の歴史
・・ヨーロッパの歴史的図書館
・・・ドイツ図書館入門―過去と未来への入り口
ドイツにおける学術情報流通―分散とネットワーク
ドイツ連邦共和国における図書館制度の概略
ドイツに渡った日本文化
ぶらりあるき ミュンヘンの博物館
posted by egamiday3 at 07:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

2018年6月のまとめ


■2018年6月のまとめ


●総評:

 ドイツ堪能に成功、よかったね。


●まとめ

・slackだのbacklogだのAlmaだの

・神保町で飲んだビール写真撮れてない案件

・#日文研蔵書

・水曜どうでしょうヨーロッパ編

・ロケみつブログ旅ヨーロッパ編(「早希ちゃん宿探し危機」)

・201806euドイツ

--------------------

(以下、ドイツについては省くものの、ざっとは以下の通り)

・ドイツ3Bと言えば、ビール、バーン(鉄道)、ビブリオテク(図書館)

・ドイツ行く前からすでに「もう一回ドイツ行きたい」とつぶやく案件

・機内予習『現代ドイツを知るための62章』が功を奏する

・#リューベック

・ビール的収穫の最大が、”アルコールフリーのヘーフェヴァイツェン”

・乗っても乗っても乗り足りないドイツ鉄道

・豚肉料理には困らないが、料理全般で早めに行き詰まるドイツ

--------------------

・着陸直前のゆれくる

・館内地震対策総点検

・帰国後が忙しすぎて記憶がない

・「モンテクリスト伯」

・夏至だそうです

・情報組織化研究グループ「国際社会の中での日本のデジタルアーカイブ:ユーザーエンゲージメントの重要性」井原英恵

・“朝ドラ”という“枠”にいっさいの忖度をしない北川悦吏子脚本の筋金入り「半分、青い。」

・夏越祓

・早倒しの夏バテ疑惑


●月テーマ制

・「ドイツ、それはビール」、○。

・「ドイツ、それは鉄道」、○。

・「ドイツ、そして図書館」、○。


●7月+8月の夏テーマは

・ドイツまとめ

・秋期寄席のデザインし直し

・エストニア準備+OCLCまとめ

 、の3本です。


 ただし、「祇園祭」はすべてに優先します。

posted by egamiday3 at 07:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする