2017年03月04日

研修事業 #2017年の本棚の中のニッポン

 海外の日本研究司書(ほか研究者等の日本専門家)を日本に招いて、日本資料・情報に関する研修をおこなう、という類の事業がいくつかあります。そのことをざっとまとめて、考えたことを書きます。

 NDLさんがいまおこなっている「海外日本研究司書研修」。

・海外日本研究司書研修
http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1211059_1485.html

 これは、元をずっとずっとたどっていくと、最初におこなわれたのは1997年2月(H8年度)のことで、当時の名前は「日本研究上級司書研修」。当時はJFの招へい事業で、NDL、国際文化会館、NACSIS(当時)の協力によるという。それがその後、名前を「日本研究司書研修」、
日本研究情報専門家研修」、「日本専門家ワークショップ」などと名前を変え、主催者や共催者も、内容や対象ややり方や開催地も代々で変わっていき、今に至る、っということになるとこれはちょっと「おなじものをたどった」ということにしていいかどうかも迷う感じになりますね。

 元プリンストンの牧野さんが、日本古書通信でしばらく連載してはった記事の中のひとつに、この研修の第1回の様子を書いたものがあります。

・牧野泰子. 「日本研究上級司書研修」. 『日本古書通信』. 2016.6, 81(6), p.15-17.
第1回研修の様子。内容は、JAPAN/MARC、J-BISC、NACSIS-IR、JICSTのJOISなど。開催に向けて小出さんが関係各所への交渉・調整に奔走した様子などもあり。

 それから、天理大学・山中先生のご尽力による、古典籍ワークショップというのがあります。

・山中秀夫. 「「天理古典籍ワークショップ」及び公開シンポジウム「本の道」について(概報)」. 『ビブリア 天理図書館報』. 2007, 128, p.103-99.
・山中秀夫. 「「天理古典籍ワークショップ」及び公開シンポジウム「本の道」について(報告)」. 『ビブリア 天理図書館報』. 2008, 129, p.141-128.
・山中秀夫. 「「天理古典籍ワークショップ2008」及び公開シンポジウムについて(報告)」. 『ビブリア 天理図書館報』. 2008, 130, p.126-114.
・山中秀夫. 「和古書目録担当者研修について : 天理古典籍ワークショップを終えて」. 『ビブリア 天理図書館報』. 2010, 133, p.102-87.
・山中秀夫. 「天理古典籍ワークショップPhase2を終えて」. 『ビブリア. 天理図書館報』. 2013, 140, p.95-80.

 海外の研究者・司書に和本の目録・取り扱いの実践的研修を行なうもので、1度目は2007-2009の3年連続、2年目は2013年。ビブリアの記事によれば、1度目実施後、受入体制や費用助成の問題から実現しなかったんだけども、2011年EAJRS総会で海外側実行委員会メンバーから要望が出され、2度目に至る、ということだそうです。
 そうそもそもなんですが、この研修事業では、海外の司書等専門家からなる実行委員会と、日本側の事務局メンバーとが、コラボレーションで進めていたんだな、ということがわかります。主催は実行委員会でそのメンバーは、英2・米・独2・日2という構成。助成は、国際交流基金、Sasagawa Foundation(英)、図書館振興財団。
 もうひとつ、研修後に受講者によって「在外日本古典籍研究会 OJAMASG」(http://www.jlgweb.org.uk/ojamasg/index.html)というグループが結成されまして、ディレクトリ的な情報サイトを構築、以降も継続的に活動しておられました。研修が、一過性の非日常で終わるのではなく、ちゃんと研修後もそれなりの継続性をもって、横のつながりが実際に機能して、日常の実益につながっていく、ていう例。

 そして、2014年から3年間、東京国立近代美術館さんによっておこなわれていた、「海外日本美術資料専門家(司書)の招へい・研修・交流事業」、通称「JALプロジェクト」と呼ばれるものがありました。

・海外日本美術資料専門家(司書)研修(JALプロジェクト)
http://www.momat.go.jp/art-library/JAL/JAL2014.html
毎年ワークショップ「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言」を最終日に開催している。

 毎年10人前後の受講者が参加し、応募もそれなりに多かったみたいなんですが、それもこれも水谷さんの積極的な広報・勧誘・調整活動があってこそのことだったように、聞いていますし認識しています。ただ、そういう積極的な広報・勧誘があってもなお、途中で断られたり断念したりという例はあったみたいです。
 そういう意味では、NDLさんで昨年度からやっている海外日本研究司書研修も、昨年度は10人近い受講があったものの、今年は4人にとどまっていました。
 一方で、国際交流基金の関西国際センターさんの日本語研修、私がよくお目にかかるのは「文化・学術専門家日本語研修」のみなさんなんですけど、毎年約20人のかたがいらっしゃってて、にぎわっているのが楽しそうでいいなあっていつも思ってます。

・「文化・学術専門家日本語研修」(国際交流基金関西国際センター)
http://www.jfkc.jp/ja/training/culture-science.html

 もちろんそれぞれで中身も対象も運営もぜんぜんちがうわけですから、ひとからげにして何かを言えるわけでもないし、ましてや主体で関わっているわけでもないのでたいそうなものを言えるわけでもないんですが、でもそういういくつかの例を見ていると、こういう研修のニーズってあるのかないのか、からはじまっていろんなことをぐだぐだと考えてしまうなっていう。
 以降はそういうぐだぐだと考えたことをぐだぐだと書きます。

 ニーズはあるんでしょうか。たぶんあるんでしょう。でも参加者集めが進んでいない例もある。
 ニーズが多様化している説、っていうのはひとつあって、先の牧野さんによる第1回の様子(JAPAN/MARC、J-BISC、NACSIS-IR、JICSTのJOIS)を見ていると、まだインターネットが出始めの頃で本格的なデジタル化の前夜みたいな時って、教えるべき/教わるべきものがわりと定番的だったんだろうなっていうのがありますね。それがいまはインターネットや基礎的なデジタルシステムとかはある程度わかってて当然、そのうえで何か研修しようかと言っても、ツールが多様化してるわテーマが多様化してるわで、テーマを決めたりニーズを把握したりっていうのがすごく難しくなってるんじゃないかなっていう。20年前といまとではプログラム組む難しさがぜんぜん違うだろう、っていう。どういう話が聞きたいですか、っていうアンケートとったらアンケート結果の様相はたぶん20年前とだいぶちがってるだろう、っていう。
 ニーズの多様化には解決法がひとつあるような気がして、いや、日本で日本の司書向けにやってる各種各テーマの研修に海外から参加してもらったらいいなっていう。そういう参加に、支援や助成をする、ということができるとだいぶいい感じじゃないかなと。

 あと、かつてはデジタルであっても環境やサポートやシステム全体がオンライン化してたわけでもなく、なんやかんやでそれを学ぼうとしたら日本に来て教わらないとわからない、っていう無骨なデジタルが多かったんじゃないかと思うんですけど、いまはたぶんそんなことはなくて、スマートにweb経由でサポートされたり教わったりが出来るし、そもそももっとスマートで、別にわざわざ教わらなくてもなんとなく使える洗練されたデジタルがほとんどだろう、と思うので、わざわざ日本に来て研修受けなければという類のものがそうたくさんあるわけじゃないんじゃないか説。

 そもそも、一方的な知識・技術の授受にいまどきの時代どこまで意味があるんだろう、ていう疑問は正直あって。

・E1728「英国・ドイツでの日本研究司書へのレファレンス研修を終えて」
No.291 2015.10.29
http://current.ndl.go.jp/e1728

 JAL2016のワークショップでは、日本の美術司書がピッツバーグへ出向いていって研修的なことと情報交換的なことをしてきましたという報告があったんですけど、そこでも言われてたんですけど、「教えます」というスタンスのよりも、お互いにフラットな立場で情報交換・ワークショップ・ネットワークづくり的なことをしていく場/きっかけをつくったほうが、生産的じゃないかな、って思いますね。それをじゃあ「研修」と呼ぶのかどうかはわかんないけど、呼ぶのかどうかなんか関係ない、別に「研修をやること」そのものを目的としてるわけじゃないだろうと思うんで。

 研修をやることそのものを目的としてるわけじゃないだろう、っていうんであればなんですけど、天理の古典籍ワークショップの例のように、海外側メンバーとともにこの類の研修事業を検討・議論・実施してまわしていくっていうコラボレーション活動をおこなうこと、それによってうまれる空気感みたいな成果。
 プラス、これも天理の「在外日本古典籍研究会 OJAMASG」のように、研修が一過性の非日常で終わるのではなく、ちゃんと研修後もそれなりの継続性をもって、横のつながりが実際に機能して、日常につながっていく。
 そういう、過程や準備、研修のアフター部分の継続性のような、議論・検討段階→準備→企画・募集→研修本体→研修後=提言フォロー+交流継続・次の活動+研修内製、そういう全体をひっくるめてグランドデザインしてかつ活動していく、っていうふうに考えれば、研修における知識技術の授受そのものはその大きくデザインされた中のひとコマだな、っていう感じになりますね。
 そう考えれば、研修そのものの手法が、デジタルなのか対面式なのか、座学なのか実践なのか問題解決型なのか、派遣型なのかどうなのか、テーマをしぼるのかしぼらないのか、ていうのあたりは、あまり本質的な問題ではないんだろうなとも思います。

 それよりは、研修というのは、「知識技術の習得」なのか? 「見聞・交流の機会、脱日常・脱ローカルの機会の提供」なのか? あるいは、研修事業自体が関係者間の連携・協力や活動活性化を促す「触媒」なのか? というのがもっと正面から問われてもいいような気がしますし、あたしとしては3番目推しかなと思いますね。
 1番目の知識技術の習得ならネットでやったらいい、それこそコンテンツとして作り込めるなら佐々木先生@慶應・斯道文庫のMOOCs的なのがよっぽどコスパいいんだろうし。そして2番目も、これ多分コミュニティによってはいまどきはネットやSNSやで意外とまかなえてて、これオンリーで通用する相手ばかりでもないんじゃないか、ていう懸念はちょっとありますね。来日すれば/させればとりあえずなんとかなるだろう、それだけで価値あるだろう、ていうかそれを価値と思いなさい、では「来日搾取」みたいなことになりかねないので。

 ただひとつ気になっていることがあって。
 ゆくゆくは研修を現地で”内製化”する、っていうことがどれくらい意識されてるんだろうかな、っていう。
 つまり、このさきずっと日本の機関が日本国内で提供する研修だけをもって”研修”だとするんじゃなくて、ある程度体力も人員もある国や地域やコミュニティであれば、研修を受け終わった人たちや充分なベテランの人たちが、まだ充分に習得できていない人たちや次の世代の人たちに、研修で得たものをその現地で伝えていく、そういうのをサイクルとしてまわしていく、っていうのがちゃんと意識されてないと、リソースの流れる向きがずっと日本→海外という一方向でしかないというのもキビシイんじゃないかっていう。
 よく、ライブラリアンに世代交代が起こりつつあって、研鑽・育成を必要とする人たちもまだ多い、という話をよく耳にするんですけど、それはじゃあ、世代交代にどう備えよう、ていう話だと思うんですね。
 という話で行くと、下記のような事例かなっていう。

・Tool kit for European NACSIS-CAT members
http://www.jlgweb.org.uk/nacsis/
イギリスの2人のライブラリアンが、ヨーロッパにおけるNACSIS-CATのトレーナーとなるべく、2011年にNIIでトレーニングを受講。2011年以降、実際にヨーロッパの各地・各機関でNACSIS-CATのトレーニングを実施している。

・Librarian Professional Development Working Group (LPDWG)
http://guides.nccjapan.org/lpdwg

・「Junior Japanese Studies Librarian Training Workshop: Overview & Survey Results」 Fabiano Takashi Rocha EAJRS – Berlin 19 September 2012
https://perswww.kuleuven.be/~u0008888/eajrs/happyo/Rocha_Fabiano_12.pdf
・「NCC、若手の日本研究図書館員を対象とした研修の資料・動画を公開」
Posted 2013年3月13日
http://current.ndl.go.jp/node/23072
2012年3月にトロント大学で開催された、“Junior Japanese Studies Librarian Training Workshop”。国際交流基金の支援による。北米、英国、スイス、オランダから24人の若手図書館員が受講。内容はレファレンス、蔵書構築、目録、情報リテラシー、アーカイブ資料など。

 それと関連してもうひとつは、内製化できるところは内製化してもらいましょうよ、なぜなら日本側の研修をおこなうためのリソースにも限りがあるから、と。では、その限られたリソースは誰のために使うのか。つまり、この類の研修の対象者はどういう人たちであると我々は考えるのか、というターゲッティングの話ですね。
 例えば、端的に言うと、そのリソースを向けるべき相手は、アジア地域(その他東欧、南米、中東などなど非欧米地域)で日本資料・情報の提供・利用に携わっている専門家の人たち、それがひとつ重要なんじゃないかなって思います。
 それから、ライブラリアンじゃなく研究者や学生。結局ライブラリアンが専従でいるところというのはむしろ少数派で恵まれていて、ワンパーソンでがんばってはる研究者の人たちが結局は日本資料の管理メンテや入手提供をやってるところも多いだろうなので、そういう人たち。あるいは、今後そういうふうに育ってくれることを期待しての、学生相手っていう。

 そしてもうひとつ、先の2012年トロント大学のワークショップでは「東アジア研究のライブラリアンのように日本語が専門でない人たちに対しての英語の研修が必要」と言われたみたいですけれど、そういう、日本を専門としないんだけども日本資料も扱うという他地域のライブラリアン、あるいは日本資料も必要とする研究者。そりゃそうです、北米だって、日本専門ライブラリアンがどこかしこにもいるわけじゃなくて、東アジア全体を担当する中国・韓国専門のライブラリアンに、じゃあ日本資料・日本情報はどう扱ってもらうのか、ていうことのほうがむしろ切実と言えば切実なわけで。

 ただそうなってくると今度は、日本資料はこうですよ、日本のやり方というものはこういうものですよ、と日本から一方向的に伝えることが、「日本のお作法の輸出」=押し付けになってやしないか、という別の懸念が生まれてきますね。届けるのはお作法じゃなく、リソースやアカデミックな何かだろう、なんで。

 これはもう、研修の話ではなく、「日本研究とは何か?」「日本資料・日本情報の届け先は誰か?」という大きな別の話になりつつあると思うので、ここらでやめます。

posted by egamiday3 at 15:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際日本研究コンソーシアム(日文研) #2017年の本棚の中のニッポン

 あともうひとつ、「国際日本研究コンソーシアム」っていう取り組みがあります。
 これが、公開されているというかわかりやすい文書情報の類があまりないんで、書けることは限られるんですけど。

・機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」(国際日本文化研究センター)
http://taishu-bunka.rspace.nichibun.ac.jp/

 国際日本文化研究センターさんでは、これから先、人間文化研究機構の中においても特に「大衆文化」に焦点をあてて共同研究していこう、みたいにいまプロジェクト組んでます。それは、妖怪とか春画とか浪曲とかマンガアニメとかそういう感じ。
 で、それはそれとして、ですが、その「第3期中期目標・中期計画において基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」に重点的に取り組み、新たな日本文化研究の国際的研究拠点の構築を志向する。」というのがあってからの、さらに、「この事業を通じて、本来の最重要業務の一つである「海外の日本研究者への研究協力」をさらに充実させ、日本研究の国際的中核拠点としての機能を強化」するんだけども、その一環としてというか併行してというかで、「国内における「国際日本研究」コンソーシアムを形成する」と。
 で、この国際日本研究コンソーシアムというのは、「国内の「国際日本研究」あるいは「国際日本学」を掲げる諸研究・教育機関との実際的な連携体制の確立」であると、さらりと書いてある(稲賀繁美. 「インターネット双方向的同窓会Nichibunken Interactive Alumni Network創設にむけての個人的提言」. 『Nichibunken Newsletter』. 2016.12, 94.)んですけど、その理由としては、「近年、国際交流の活発化に伴い、日本国内の大学において「国際日本学」や「国際日本研究」をかかげた研究所や学部・大学院の課程、コースの設置が相次いでいる。しかしその多くはいずれも個別に存立し、機関間の連携は未だ実現されていない。その現状を改善すべく」であるんだと、そのために、「本事業(大衆文化)の実施を通じて、こうした国内の各関連大学と提携し」ていくんだということです。
 という感じで、実際に動いておられます。

 とりあえずこのへんで。

posted by egamiday3 at 13:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立命館大学アートリサーチセンター(ARC) #2017年の本棚の中のニッポン

 ”在外資料””デジタルアーカイブ””コラボ”っていうと、立命館大学アートリサーチセンター(ARC)さんが思い浮かびますね。

・立命館大学アート・リサーチセンタ一
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/
・立命館大学大学院 文学研究科 行動文化情報学専攻「文化情報学専修」(2014年新設)
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/gslbunkajyoho/
・赤間亮. 「立命館大学アート・リサーチセンタ一の古典籍デジタル化 : ARC国際モデルについて」. 『情報の科学と技術』. 2015.4, 65(4), p.181-186.
 
 2002年のヴィクトリア&アルバート博物館での浮世絵コレクションデジタル化事業をきっかけとして、ARCでは海外の美術館・博物館・図書館などへ出向いては、そこで所蔵されている“在外資料”、日本美術・古典籍について、撮影・デジタル化・アーカイブ構築を進めていく、という活動を行なってはります。
 それは単なるデジタル化工場として働いているというだけではなくて、資料のデジタル化に欠かせない機材・システムまわりのスキルとか、デジタルアーカイブの知見とか、資料に対する専門知識とか、資料の保存修復技術も必要になってくるわけなんで、そういう人材を育成していこうという。長年の活動で蓄積されてきた実践的・総合的なノウハウを、「ARCモデル」と称して、ワークショップなんかを国内外で開いては、レクチャーしていく。それを、たとえばデジタル化しに行った先の海外機関やそこに関わる学生さんなり若手研究者の人なりを集めて、共同研究なり共同プロジェクトとして、最初にレクチャーをすればあとはその流れでもって現地でデジタル化作業が進められる。そういうふうに学生や若手研究者をプロジェクトに巻き込むことが、若い世代の育成や知見の継承につながる、っていう意味での国際的なコラボレーションの理想的な事例だなって思いますね。

 現在ARCさんのデジタルアーカイブですが、海外に在する資料も含め、浮世絵ポータルデータベースで49万件、古典籍ポータルデータベースで8.7万点だそうです。

posted by egamiday3 at 13:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラボレーション #2017年の本棚の中のニッポン


 これまでたびたび出てきてた”コラボレーション”というキー概念について。
 ”和本”のためのくずし字講座やくずし字学習アプリ開発もそうだし、「みんなで翻刻」もそう、”在外資料”のデジタル化もそうだし、それを使ったデジタルヒューマニティーズもそうだな、っていう流れで。

 海外の日本専門家や日本司書を日本に招いて”研修”するという研修企画についても、たとえば、JAL2016のワークショップでは日本の美術司書がピッツバーグへ出向いていって研修的なことと情報交換的なことをしたんだけど、お互いにフラットな立場で情報交換したほうのほうがよさそうで、っていうことになってくると、それもう授受的な研修じゃなく相互なワークショップ・情報交換・ネットワークづくり、という意味の広義のコラボレーションのほうが良くね?ってなると思うので、そのへんはたぶん「研修」という別項が立つでしょう。

 海外の日本研究や在外資料、そのデジタルアーカイブ構築やweb展示に関連して、ああこれいいな、best practiceだな、っていうコラボ的なプロジェクトをいくつか挙げると。

 まず、琉球大学附属図書館とハワイ大学マノア校図書館による合同プロジェクト「ハワイ大学所蔵阪巻・宝玲文庫デジタル化プロジェクト事業」。翻刻・書誌調査、保存処置、デジタル化作業、英訳、コンテンツ・webサイト作成や広報など、様々な課題を、両大学の図書館司書や研究者・学生等が、インターナショナルにチームを組み、取り組んだ、というもの。
 これについては、2016年6月AAS in Asia 2016京都で開催したラウンドテーブル「The Digital Resource Landscape for Japanese Studies」の中で、ハワイ大学マノア校図書館のバゼル山本登紀子が報告してくださいました。あと、2015年ライデンのEAJRSやカレントアウェアネスでも。

・Tokiko Yamamoto Bazzell(University of Hawaii at Manoa Library)
「The Digital Resource Landscape for Japanese Studies: Spaces for Change and Growth Collaboration & Collective Solutions @ the University of Hawaii at Manoa Library」
http://egamiday.sakura.ne.jp/MyFiles/pptBazzell.pdf
・「越境する沖縄研究と資料U−「阪巻・宝玲文庫」のデジタル化プロジェクトを通して−」
https://perswww.kuleuven.be/~u0008888/eajrs/happyo/Tomita_Chinatsu_15.pptx
・琉球大学附属図書館、ハワイ大学マノア校図書館所蔵の阪巻・宝玲文庫デジタル公開
http://current.ndl.go.jp/node/26924
Posted 2014年9月2日
「2014年9月1日、琉球大学附属図書館が、ハワイ大学マノア校図書館との連携事業により、マノア校ハミルトン図書館が所蔵する、阪巻・宝玲文庫(The Sakamaki/Hawley Collection)のデジタル公開を開始したことを発表しました。今回公開されたのは阪巻・宝玲文庫全902件の内、琉球・沖縄に関する古典籍・古文書その他110件とのことです。今年度中にはさらに110件の公開を予定しているとのことです。」

 うん、やっぱカレントアウェアネスに記事がひとつあると、ペッと貼って紹介や説明がしやすいので、すごくいいんですよね。インフラですね。

 もうひとつbest practice。アジ歴とBLのコラボ。

・E1630 - ウェブ展示「描かれた日清戦争」:アジ歴とBLの共同企画
http://current.ndl.go.jp/e1630
カレントアウェアネス-E
No.271 2014.11.27
BL所蔵版画コレクションと公文書のウェブ展示を日英版で同時制作するという共同企画。
2012年、自館資料を世に出したいと考えたBL日本部スタッフと、EAJRSでネットワークづくりをしていたアジ歴が、共同で企画。「歴史的資料の公開について専門的な知見を有する機関の協力が必要であり,近現代の公文書のデジタル公開とそれを用いたコンテンツ制作という実績を持つアジ歴は,BLにとって最適なパートナーとなった」。
https://www.jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/
http://eajrs.net/files-eajrs/ohtsuka.pdf

 あと、「NDLとフランス国立図書館とで締結された包括的協力協定(2013)にもとづき、2014年両館による共同電子展示サイトが公開された」っていうのは、どこまで実際のコラボレーションがおこなわれているのかよくわかんないんですけど、とりあえず挙げておきます。

・フランス国立図書館の電子展示“France-Japon: Une rencontre, 1850-1914”が公開
http://current.ndl.go.jp/node/27638
Posted 2014年12月15日
BnFの“France-Japon: Une rencontre, 1850-1914”は、NDL「近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流」と、相互補完的な機能を持つ。NDL側は日本がフランスに抱いている情熱を、BnF側はフランスから見た日本の魅力を、とのこと。
"France-Japon, une rencontre, 1850-1914"(BnF)
http://expositions.bnf.fr/france-japon/
近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/france/

 そういう海外に日本研究や日本司書とのコラボレーションを志向するんだったら、日本の司書が積極的に海外に出かけていって、ていうことが必要になってくるので、そうしましょう、っていうことも良く言われています。

 たとえば国際会議に参加してそこで何かしら発表・情報提供をすること。AASやCEALやEAJRSでパネルやワークショップを申し込んで開催したり、何なら同じ会場で別途部屋を借りて人を呼んでやったっていい、という考え方もあるので、っていうのをJAL2016ワークショップでグッドさんに教えてもらったので、企画力と人さえそろえばっていう感じですね。

 それから、インターンなり在外研修・在外勤務なりで長期にわたる派遣を積極的にやるという活動。
 例えば、最近ニュースになったワシントン大学の話。

・2017 Tateuchi Visiting Librarian Program
http://www.lib.washington.edu/east-asia/2017-tateuchi-visiting-librarian-program/view
・「ワシントン大学図書館、日本のライブラリアン招聘プログラムを開始、志願者募集」
Posted 2016年10月7日
http://current.ndl.go.jp/node/32697
研修者は、ワシントン大学東アジア図書館での6ヶ月のプログラム中に、プロジェクトもしくは自らの調査を完成させるなど。開始は2017年3月〜5月頃から。

 これにどんだけ手が挙がってどんだけ定着してくれるかがすごくワクワクしますね。
 こういう海外図書館への司書派遣は慶應さんがわりと積極的にやってはる印象があるなと思ってて、なんか海外出張とか行くとしょっちゅう慶應の人に会うんですよね、すげえなと思って。なんかこの件については中の人からもっと話をききたいです、あんまこのことが表に語られてるのを見ることがない気がする。

・イズミ・タイトラー. 「英国・欧州の日本研究図書館との関わりにおいて」. 『専門図書館』. 2014.11, 268, p.2-7.
JLG(Japan Library Group・英国内日本語資料コレクションのための学術図書館コンソーシアム)と慶應義塾大学による職員英国派遣プログラムがあって、日英交流強化のメリットがあった、と評価している。
・関秀行. 「慶應義塾大学メディアセンターにおける国際交流活動」(EAJRS2016)
http://eajrs.net/sites/default/files/uploads/seki_hideyuki_16.pdf
「国際的な視野を持つ人材を育成していく方法の一つとして、図書館員を欧米の図書館に長期派遣する制度の継続に力を入れている」
最初の派遣はハワイ大学へ1965年。1985年から継続的に。過去、シカゴ大学、UCLA、バークレーなど。現在は、トロント大学、シアトル大学、セインズベリーと継続中。

 これによってコラボレーションが進むというのももちろんだし、そもそもこういうことができるのも先方のライブラリアンの人たちの尽力と日本側との連携があってこそだよな、って思いますね。

 JAL2016のアンサーシンポジウムで、「日本のデータベースやデジタルアーカイブに関するリンク集やパスファインダーや解説集のようなものを、海外向けに、各主題の専門家同士の共同で作成できたらいいのではないか」というのが話題にあがりました。たぶんそれも、日本の人らだけでやるよりは海外の専門家・司書らとのコラボレーションでやっていくのがいいのだろうと思います。そういうのって、成果物としてのリンク集・パスファインダー・webサイトもそうなんだけど、そうやって寄り集まってコラボ活動している過程によってうまれる空気感の形成、みたいなところにこそ、本質的な意義があるんじゃないかなって思いますね。

 ていうか、日本側で海外日本研究に関わっている機関や部署や人があちこちにあると思うんですけど、なんというか、その連携が目に見えてとれてないところがあるんじゃないかな、っていうのは思ってます。

 2014年に試行版が、2015年に現在の版が公開されている、下記のリンク集を事例として挙げておきます。

・「日本研究と日本における人間文化研究情報の国際リンク集」
http://www-e.nihu.jp/sougou/kyoyuka/japan_links/index_ja.html
人間文化研究機構の資源共有化事業の一環として作成されたもの。日本研究と日本における人文系研究情報について、国内外を問わず、英語のリソース中心に、国際的に発信する目的で。

posted by egamiday3 at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする