2014年12月21日

極私的・egamiday十大ニュース 2014

 
 自分以外に得しない、というか自分にとっても別に得にもならんだろうという、年末のまとめ第3弾。
 今年一年の自分のふるまいを省みて、来年はちゃんとした者になろう、あすなろう、という。十大ニュース形式で。


●egamiday氏、1年間で4回のヨーロッパ渡航
 egamiday氏の2014年の海外渡航件数が、1月のイギリス、5月のアイルランド、9月のベルギーの3件に及ぶことが明らかとなりました。2013年9月のイギリス渡航を含めると、2013年9月から翌2014年9月までの1年間で都合4回のヨーロッパ渡航が実施された計算になります。ただしこのうち3回は業務での出張であり、特に1月のイギリス渡航は現地滞在が丸3日程度という弾丸ぶり。この件に関しegamiday氏は「しばらく旅行らしい旅行をしてない気がする。旅がしたい。まだバルト3国に行ってない」とコメントしています。

●egamiday氏、アイルランド旅行後の健康診断でひっかかる
 今年5月のアイルランド旅行後に実施された健康診断において、egamiday氏がいくつかの項目で若干の数値オーバーを叩き出したことが、京都府内の某医療機関の調査で明らかとなりました。その後実施された精密検査ではまあまあ穏やかな結果に終わり事なきを得たということです。この問題に関しegamiday氏は「ギネス、フィッシュアンドチップス、肉食中心・野菜不足というアイルランドに特有の食糧事情がもたらした一過性の現象であり、健康に直ちに影響はない」と釈明していますが、数ヶ月後の渡航先であるベルギーでは、ベルギービール、ベルギーチョコレート、ブリュッセル名物のフレンチフライに加え、味はフランス並み・量はドイツ並みと言われるベルギー料理を欲望のリミットを超えて堪能するegamday氏の様子がTwitter上で目撃されており、12月に行われる人間ドックの結果が懸念されています。

●egamiday氏、情報メディア学会で「おたより」発言
 今年6月、東京で行われた情報メディア学会シンポジウム「デジタル化を拒む素材とアウトリーチ」において、コーディネーター役を務めたegamiday氏でしたが、学会参加者から提出された質問用紙を読み上げる際、「続いてのおたより・・・」と発言していたことがわかりました。この失言の後egamiday氏は「おたよりって言っちゃった」と苦笑いをしただけで、その後も何食わぬ顔で平然とコーディネっていたとのことで、一部ではラジオパーソナリティ気取りかとの批判の声もあがっています。

●egamiday氏、DUALISにラジオのお株を奪われる
 その一方で、2013年12月以降まともなラジオが放送されていないという実態が浮き彫りとなっています。某志社大学某UALISをゲストに迎えた昨年12月の放送で「自分らでラジオやれ」と純朴な若者たちをいたずらに煽ったegamiday氏でしたが、その某UALISが2月の第1回放送を皮切りに、この1年で京都市内の各大学を巻き込んだ番組作りを展開し、そのお株を完全に奪われたかたちとなりました。巻き返しを図るegamiday氏、11月に烏丸五条の某町家からゲリラ的にラジオ放送を強行しますが、結果的におっさん二人が泥酔して終わるというていたらくぶり。この問題に関しegamiday氏は「(酔って)記憶にございません」などと供述しています。

●晴さん弁当が終了、QOL低下の危機
 egamiday氏の充実した食生活を支えてきたお昼の晴さん弁当が、今年9月をもってその配達を終了しました。お肉・お魚・野菜計6品で500円、ちょいちょい登場するプチ創作料理のサプライズなど、きわめてクォリティの高かった晴さん弁当。職場近辺には定食屋もねえコンビニもねえスーパーもそれほど近くはねえとのことで、その配達終了はランチ事情、ひいてはクォリティ・オブ・ライフ全体に大きな影響を及ぼしかねないと、egamiday氏界隈を一時騒然とさせました。現在は別の配達弁当に鞍替え、egamiday氏によれば「ん、まあ悪くない」(※個人の感想です)とのことです。

●スタバ改装でソファ撤去、QOL低下の危機
 egamiday氏の充実したオフを支えてきたサード・プレイス、スターバックス某小路店が内装と家具の全面改装をおこないました。これにより、座るだけで身体にエネルギーがチャージされるというegamiday氏お気にのソファが撤去され、新しいソファに置き換わるという事態、事件、いや事変が発生。『某棚の中のニッポン』はこのソファで生まれたと、おまえはマルクスかと言わんばかりの愛着ぶりを見せていたソファの撤去に、これもまたクォリティ・オブ・ライフの大幅な低下が懸念されています。egamiday氏は「先方から書状が届いていないのでコメントできない」などと意味不明の発言をしており、動揺を隠せない様子です。

●egamiday氏、LINEデビュー
 今年秋、egamiday氏がついにLINEデビューを果たしたとの情報が入りました。きっかけは家族会議の必要性に迫られてとのことで、遠方に住む妹弟同士との連絡に使用している模様ですが、それぞれのログイン名が「えが」「えがみ」「egami」となっており、一見しただけでは誰が何を発言しているかわからないという不測の事態を招いています。

●egamiday氏、祇園祭ではしゃぎ過ぎる
 49年ぶりに後祭が復活した2014年の京都・祇園祭において、egamiday氏の過剰なはしゃぎぶりが、Twitter上、Facebook上、さらにはリアルでも多数目撃された模様です。先祭・後祭それぞれに鉾立て、曳き初め、宵山、巡行と、エンドレス・エイト並みに繰り返される長期戦。その間続々とアップロードされる写真や動画の数々に、「祇園祭テロだ」という抗議の声も聞かれました。

●『本棚の中のニッポン』電子書籍版、ついに発売開始【広告】
 出る出ると言われながらなかなか出なかった『本棚の中のニッポン』の電子書籍版が、今年11月ついに発売となりました。honto、iTunes、AmazonKindleストアなどで発売中です。egamiday氏からは「これで今年は極私的電子書籍元年となった」と喜びの声が届いていますが、Twitter上では昨年12月にも「(電子書籍を良く読むようになった)極私的には今年こそが電子書籍元年」と発言しており、元年は当面続くのではないかと予想されています。

●egamiday氏、謎の電器店通い
 今年の秋以降、京都市内の某バシカメラを数度にわたって訪れるegamiday氏の姿が目撃されています。パンフレットの束をにぎりしめ、うつろな表情で「フォノ入力・・・短焦点・・・5.1・・・」とつぶやきながら店舗内をさまようegamiday氏。電器店通いの理由はどうやら今年竣工した某NBKの図書館新棟にあるようです。この件に関しegamiday氏は「去年は春画のために学芸員がわりの仕事に取り組み、今年は増え続ける視聴覚資料のために映像音響機器について勉強する。本のことだけやってりゃ図書館での仕事がつとまるわけじゃないんです」となにやら説教じみたコメントを残し、夜のアイリッシュパブへと消えていきました。


 以上、極私的十大ニュース2014でした。
 来年もいい年でありますように。

posted by egamiday3 at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする