2015年12月29日

極私的・egamiday十大ニュース 2015

  
 得とか損とか気にしてはいけない、だからこその”極私的”である、という言い訳含みの年末まとめ企画、第3弾。
 我が身の今年の汚れは今年のうちに清めたい、ていう感じでふりかえる、十大ニュース。


●egamiday氏、真田丸・堺雅人の肖像権をおもいっきり侵害
 今年5月、某志社大学司書課程の学生を対象にしたガイダンス&ホームカミングデーが行われました。全体会の講演に登壇したegamiday氏でしたが、YouTubeの某映画から大量にキャプチャした堺雅人(2016年大河ドラマ「真田丸」主演)の画像を、何度も何度も画面に投影しつつ平然と漫談を続けるという、肖像権というか著作権というか、これやっちゃっていいのか?という疑惑が持ち上がっています。この疑惑に対しegamiday氏は「教育機関における教育目的だ」(著作権法第35条)と釈明していますが、権利どうこうよりもまず"わかるやつだけわかればいい"的なネタがそもそもどうなんだという指摘もあり、またTPPによって導入されるという"非親告罪化"の動向如何によっては進退窮まるおそれも出てきそうです。

●egamiday氏、厚切りジェイソン化が止まらない
 某志社大学司書課程科目への非常勤講師としての出講、いわゆる”寄席”が、秋学期から1コマ増えたegamiday氏ですが、厚切りジェイソン化(またはケーシー高峰化)が止まらない模様です。さる情報筋によればegamiday氏は事務に無理を言って、教室をホワイトボードとプロジェクタが同時に使える部屋に変更。パワポや口頭でわかりにくい説明をホワイトボードへの図示で補っている、とのことですが、そのあまりの書き殴りのひどさにその教室だけインクの減りが異様に早いと一部では噂されています。さらに調子に乗ったegamiday氏、勢い余ってパワポに書いてあるのと同じことをホワイトボードにもさらに書くといった"セルフトレース疑惑"ばかりか、そもそも某志社大学の授業準備を某命館大学の図書館に入り浸ってやるという"不正流用疑惑"も。この実態を受けて政府与党は、egamiday氏のホワイトボードマーカー購入を軽減税率の対象外とする方向で検討を進めています。グラッチェ・アミーゴ。

●egamiday氏の海外渡航、今年は2回
 egamiday氏の2015年の海外渡航は、6月の台湾、9月のオランダの2件に及ぶことが明らかとなりました。ただしいずれも旅情とはほぼ無縁の学会出席であり、ほとんどの時間をスクリーンに投影されるパワポを見上げながら過ごすという残念な結果に終わっています。その反動からか夜間になると、台北では屋台で食べ歩き、オランダではビールを飲み歩きする様子がTwitter上で多数目撃されており、その享楽的な姿を強制的に見せられた人びとから「egamidayを許さない」「egamiday感じ悪いよね」等の非難の声があがっています。

●egamiday氏、オランダ過積載事件
 そのegamiday氏ですが、9月のオランダ渡航において、ぱんっぱんに膨らんだキャリーケース(通称:ガラガラ)2個を左右両手に握りしめ、スキポール空港内やライデンの運河沿いを右往左往する様子もまた目撃されています。原因は参加した学会においてブース出展することになったものの、あまりにも大量のパンフ・チラシなどの配り物を用意してしまったため。案の定、長机に積み上がった紙束はなかなか減ることがなく、ついにはフロアに乗り込んでむりやり配って(=押しつけて)まわるという暴挙に出たegamiday氏に対し、「egamidayを許さない」「egamiday感じ悪いよね」等の非難の声があがっています。なお専門家によれば「初回はたいていはりきってたくさん持って来ちゃうんですよね」とのことです。

●egamiday氏、オランダのスタバで新たにお気にのソファを発見
 昨年(http://egamiday3.seesaa.net/article/411018175.html)、行きつけのスタバ改装によりお気にのソファが撤去され、そのQOLの低下が危ぶまれたegamiday氏でしたが、出張先のオランダ・ライデン駅前のスタバにて新たにお気にのソファを発見した模様です。egamiday氏によれば、京都某小路店にかつてあったのとほぼ同じく、座るだけで身体にエネルギーがチャージされるという、見事なまでに我が身にフィットしたソファだったということです。交通アクセスもよく過ごしやすい街・ライデンにエネルギーチャージ機能付きのソファ発見ということで、今後egamiday氏のヨーロッパ旅行において”宿屋”的存在になることが予想されます。

●egamiday氏、MALUIで酒呑めない事件
 6月のMALUI Talk & 名刺交換会、11月の秋の親睦会と、近畿地区では今年2度のMALUI飲み会が催されましたが、その両方で世話役をつとめたegamiday氏、いちおうの責任感らしきものを発揮したのか、一次会がすべて終わるまでは我慢して酒を呑まない、たぶん呑まないと思う、呑まないんじゃないかな、まあ、呑んだとしてもたくさんは呑まない、という苦しい立場に立たされていた模様です。案の定、二次会ではその反動に襲われる、ということで昨年に引き続き数値的に懸念されています。関係者からは「そんなことより司会をもっとちゃんとやってほしかった」との怒りのFAXが届いています。

●egamiday氏、休肝日を本格的に導入
 酒の話題ばかり続くegamiday氏、さすがにそろそろマズイと思い始めたのか、秋口より週1日を休肝日とする制度の導入に踏み切りました。これにより、およそ20数年ぶり、ていうか人生初レベルで酒類の摂取回数が著しく減少するであろうと予想されています。四半世紀近くやってこなかったことを無理やり定期的にやらなければならないということで、Googleカレンダーにわざわざ「酒を呑まずに寝る日」と書き込む、当日は炭酸水やノンアルコールビールを買い込む、呑まなくても眠れるように8時頃から調整に入る、万一眠れなかったとしても翌日支障がないように金曜日を休肝日とする、などのあの手この手を駆使しており、いまのところわりとあっけなく成功している模様です。ただしこの休肝日制度、「外で飲み会が催される日の場合は、これはまあしょうがないわけだから、適用しない」という抜け穴があるとのことで、何がしょうがないだ、とその効果が疑問視されています。それどころか一説によれば、意図的に金曜日に外での飲み会が入るようにegamiday氏がなんとなあく調整しているのではないか、との疑いもあり、いろんな意味でメスが入るのも時間の問題かと思われます。

●egamiday氏のファミリーヒストリー、祖先はまさかの刀剣男子だった
 資料調査や現地取材をもとに家族の歴史をたどる「ファミリーヒストリー」。今週のゲスト・egamiday氏の祖先が備前長船の刀工だったことが、egamiday氏自身の調査で明らかとなりました。『長船町史』には短いながらもその家系と刀工としての活動が記載されており、また備前長船刀剣博物館ではその作品が展示されています。
 egamiday氏のコメント:「へぇー、刀工だったんですか、知らなかったですね。はい、驚きました。刀ですか、ね、流行ってますよね。・・・うん、初めて知りました。きいたことなかったです。・・・・・・そっか、刀かー。」

●egamiday氏、紙貼りのおっさんになる
 紙貼り職人の朝は早い。京都・桂坂のとある図書館。そこには、黙々と書架に紙を貼るegamiday氏の姿があった。
 「こうやって紙を貼ってね、この棚の本を何階の何番の列の書架に移動してくれって、業者さんに指示するんですよ。そうするとね、つぅーっとやってきて、つぅーっと持っていってくれるの。なんというか、これこそ自然の力だなあって思うねえ」
 今年新しい建物をオープンさせたこの図書館は、2月と8月の2度、図書の大規模な館内移動をおこなった。その数およそ30万冊。50万冊ある全蔵書の6割を動かしたことになる。
 「頭おかしいよね、動かしすぎだろうっていう。よくも破綻させずに動かせたもんだよって、自分でも思うよね」
 そんなegamiday氏、紙貼り職人としての長年の経験から、ある特技を身につけたという。
 「6段くらいの高さの書架ならね、踏み台無しでも天板に紙貼れるようになったね。紙の先にメンディングテープをつけといてね、こうやって手をのばして、天板の縁のところにテープをぺたってくっつけるんだ。やってみな、結構コツがいるんだよ。まあでも、この技術も俺らの代で終わりだね、後継者がいないから。若い人たちはこういう地味な仕事やりたがらないよね、たいていオープンなんとかだアクティブなんとかだっつって、町に仕事しに出ちゃうからね。でもね、これやらないと本が動かせないんだよ」
 最後はよくわからない愚痴をつぶやくegamiday氏。その後ろ姿が朝靄とともに映像文化資料室へと消えていくのを、我々は静かに見送った。(ナレーション:川下大洋)

●egamiday氏の2015年、全体的に”ぬるかった”んじゃないか疑惑
 egamiday氏の今年の「egamiday3」へのブログ記事投稿が、年末振り返り記事を除くと全部で21件にしかならないことが明らかとなりました。15年続くegamiday氏のブログ活動の中でも圧倒的かつけちょんけちょんに少ない件数です。ピーク時には同時に約10種類もの異なるブログを並立しSeeSaaブログを飽和状態にさせていたという往時の姿は、いまや見る影もありません。取材に対しegamiday氏は「なんかこう、知らないうちに1年経ってた。忙しかったのはまちがいないと思うんだけど、何に忙しくて結果何が残ったかがいまいちわかんない」と、ぬるかった疑惑の1年間をつかみどころのないコメントで表現しました。何より、十大ニュースのひとつがこんな話題であるということ自体がその様を如実に物語っています。ちなみに次点候補として挙がっていたトピックスには「egamiday氏、隠岐島で涙の食品ロス」「egamiday氏、去年の祇園祭で燃え尽き症候群疑惑」「egamiday氏、今年も春画に振り回される」などがありました。

 以上、極私的十大ニュース2015でした。
 来年はもうちょっとがんばりましょう。
posted by egamiday3 at 11:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする