2016年08月13日

(メモ)アーカイブサミット2016・基調報告(動画)を見たメモ


アーカイブサミット2016(記録)
http://archivesj.net/?page_id=875

基調講演・基調報告の公開動画@YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=veF6dRHduFM

●(1)「アーカイブサミット2015の成果と課題」/吉見俊哉(東京大学教授)
・日本国内にさまざまな影響を及ぼすべく、継続的な事業としておこなっている。
・アーカイブサミット2015とは何だったのか?について。
・なぜ、アーカイブサミットが開かれたのか?
-現状日本のデジタルアーカイブ、知識基盤整備が遅れている。(ガラパゴス、各機関でバラバラ、ヒューマンリソースの問題)
-これらの問題に対して何がなされなければいけないか。
-著作権とパブリックドメイン
-人材育成
-標準化・横断化・公開化
これらに取り組むため「国立デジタルアーカイブセンター」「アーカイブ基本法」を2015アーカイブサミットで提言した。
・参加は、政界・文化庁、図書館・文書館・博物館、大学、産業界、地域活動、海外機関、メディア。
・何が議論されたか?
-東日本大震災→ポスト東京五輪
-「現場の知」を「政策の知」(「国立デジタルアーカイブセンター」「アーカイブ基本法」)へ。
・「アーカイブ立国宣言」
(1)国立デジタルアーカイブセンターの設立
(2)人材育成
(3)オープンデータ化
(4)孤児作品対策
-特に2015年に議論されたのが、専門職養成・確保などの人の問題。孤児作品対策のための法整備の問題。お金・経済的価値の問題。
・残された課題は何か?
-この場(アーカイブサミット)にいない担い手・地域との連携。
-内容が文化芸術に偏っていないか?
-オープンをビジネス的価値にどうまわしていけるか?
-国家主導の政策は、地方のアーカイブを疎外しないか?/作り手としての市民・草の根への視点が欠けていないか? (★<e>地蔵、じゃないか)
-国内アーカイブ機関の横の連携・連動をどうデザインするか?
-より広く人々に理解してもらい、価値ある物と認めてもらうためにどうするか。
-大胆な提言、ベストプラクティスの共有、文化資源の活用がもたらす価値とは何か、等。
・全体を束ねる機関としての国立デジタルアーカイブセンターや、全体の仕組みとしてのアーカイブ基本法、が必要なのでは。そしてこれは、地域の一人一人の草の根な活動を支援するものであってほしい。

●(2)「著作権リフォームの潮流とデジタルアーカイブの課題」/福井健策(弁護士)
・君臨するプラットフォーム(ビッグデータの集積、序列化、流通を寡占している)
・デジタルアーカイブにとっての問題は、権利処理のコストをいかに下げるかということ。
-そのため、著作権リフォームが必要。
-権利者への補償金よりも、権利処理コストのほうが高い。
-コンテンツが生む利益自体よりも、権利処理コストのほうが高い。
・2016年4月「内閣知財本部・次世代知財システム報告書」
-権利処理コストをどう下げるか
-権利情報の集中管理
-拡大集中許諾
-孤児作品対策として、利用裁定制度をさらに拡充する。(事前供託制度の見直しなど)
-権利処理自体困難な場合に、許諾不要など、柔軟に対応すること。
著作権第31条はここまで到達した!という話。
-絶版資料をNDLがデジタル化&図書館送信。(31条改正済み)
-全国の図書館が絶版資料をデジタル化し、それをNDLが図書館送信。(2015年3月文化審議会で解釈済み、2015年7月には博物館・美術館も含む)
-全国の図書館・博物館・美術館がネットワークでアーカイブを構築することが可能。
-一億総クリエイターの時代だからこそ、「知は力」という観点からの著作権教育をおこなう必要がある。

●(3)「めざすべきナショナルデジタルアーカイブの機能イメージ全体像」/生貝直人(東京大学客員准教授)
・海外の例
-Europeanaは、ディスカバリのためのポータルであり、全欧州の個々のアーカイブをカバーする多数のアグリゲータの連合体である。かつ、利活用のためにオープン化している。
-DPLA。地域拠点をネットワーク化する。(サービスハブ)
・日本の現状。
-非常にたくさんあるが連携できていない。
-「デジタルアーカイブの連携に関する実務者協議会」(2015-)で、日本版ヨーロピアナ機能の構築が検討されている。
-デジタル化されたものを、いかに見つかるものにするかと、使えるものにするか。
・ナショナルデジタルアーカイブの要件とは。
-個々の多様性・固有性・自立性・専門性を最大限に擁護し、強化するものでなければならない。
-各地域・各分野に分散的なアグリゲータ(大学や大規模文化施設)を設置し、連携の拠点とする。
-ポータル機能。公的資金によるコンテンツは基本収録・アクセス保証するように
-これらを束ねるセンターは、必ずしも大きくなくていいだろう。
→アーカイブ基本法の骨子へ。
posted by egamiday3 at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする