2016年12月31日

201611it イタリア・シチリア旅 1日目「鉄道が通っててパスタが食えれば困ることはないだろう」


 イタリアに行ってきました。
 今回は主にシチリア島です。
 ていう話をします。

 イタリアは、2013年1月以来4年弱ぶりですが、そんなことよりプライベート&ヴァケーションベースな旅自体が2年半ぶりという、もっと旅をさせてほしい!

 今回の旅の概要は「0日目」(http://egamiday3.seesaa.net/article/445202831.html)の通りですが、初日当初の目論見としてはだいたいこんな日程。

-----------------------------------------------------
11/19 関空発→パリ経由→ローマ着
11/20 シチリア島まで行く (鉄路12時間)
 |
(未定)
 |
11/26 どうにかしてローマまで戻る
11/27 ローマ発→アムステルダム経由→
11/28 →関空着
-----------------------------------------------------

 なぜシチリアかと言われると、そこまで思い入れがあるわけではなく、イタリアには行きたいな、でも北部中部をうろちょろするのはもうやったしな、11月だし寒くないように南がいいし、短期間でこれっていう決め打ちのトピックスというかワード旅ができると、短い準備期間で予習もしやすいよな、って思ってたら、数年前にイタリア関連本で「最近のシチリアは昔に比べて安全で旅行しやすくなった」って書いてあったの思い出して、じゃあ「シチリア」で決め打ちにしよう、という感じです。
 それに下記の地図見ていただくとわかるようにですが。

map1.png

 よく「文明の交差点」みたいな慣用句で表現される土地ってあると思うんですが、なかでもシチリアは群を抜いてと言うか、地図上でリアルに、物理的な意味でまさしく文明の十字路的位置だなっていう。地中海世界観でいうまさにど真ん中で、この地中海を京都市バスの206号系統だとすると、イタリア半島からアフリカまでの縦ラインが地下鉄烏丸線ですから、ミラノあたりが北山や北大路、フィレンツェが同志社や相国寺のある今出川で、ローマが三条ナポリが四条と下がっていくと、シチリアは烏丸五条というまさに大交差点ですね。東へ行くとギリシア・トルコという東山界隈があり、太秦や嵐山あたりの右京・洛西がスペイン・イベリア半島、えっと、いまこれ何の話でしたっけ。
 というような、イタリアの端っこであり、地中海のど真ん中であり、文明の十字路的なところなんだったら、おすましした土地柄よりは何かおもしろいもの見れるんじゃないか。正体はよくわかんないけども、まあ最終、少なくとも鉄道が通っててパスタが食えるっていうだけでも大丈夫だろう、たぶん困ることはない、という嗅覚からの、予習、準備、そして実践なわけです。

 予習については、これも0日目(http://egamiday3.seesaa.net/article/445202831.html)の参考文献を参照。

 とりあえず1日目はローマまで行きます。

IMG_4085.JPG

 これが今回の預け荷物で、中身をしぼりにしぼって4.8キロ、手持ちカバンが約4キロ。彷徨型の旅行なのでできるだけ少なくしたかったのですが、このあたりまでくるとカバン自体の重さをいかに軽いものにするかレベルの問題になってきますね。
 それにしても関空のセキュリティが、いままで見たことがないレベルの行列ができてて、ちょっとびびりました。日本側旅行のシーズンで言えばオフな時期のはずなんですけど、これってやっぱり来日観光客の増加の影響でしょうかね。

IMG_4086.JPG
IMG_4089.JPG

 特に感慨もなくあっさり搭乗、離陸。

 行きの渡欧便はエールフランスで、2人席。当初は離陸直後あたりまでお隣が空席で、やったラッキー!と喜んでいたのですが、しばらくするとどこから登場したのかフランス美人的なお姉さんが隣席においでになって、え、この人離陸の時いなかったのにどこから湧いて来たんだろう、エールフランスに巣くうフランス美人版座敷わらしかなんかだろうか、と思ってたんだけど、どうも非番のCA関係者さんか何からしく、勤務中のCAさんと親しげに話してる、どころか、免税品の機内販売のヘルプみたいなことしてはった。

シチリア歴史紀行 (白水Uブックス) -
シチリア歴史紀行 (白水Uブックス) -

 Kindleでシチリア本再読したり、デスクワークしたり、映画を見たりしてるうちに、なんとなくふんわり12時間経ったという感じでしたが、『ペルセポリス』はもう一度ちゃんと見直さなきゃなといういい映画でした。我々同世代のイランの少女の半生自叙アニメで、軽妙なシリアス感。

ペルセポリス [DVD] -
ペルセポリス [DVD] -
IMG_4094.JPG

 というわけでパリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着。

 実は日本時間の昨夜あたりからずっと、腰が軽く痛くて、今回渡欧便で12時間座ったあと、明日は鉄路で12時間っていう予定なので、これ下手すると下手をするな、という危機感があったので、それで何をしてたかっていうと、パリ空港での待ち時間中、何の意味もなくあちこちをうろちょろと徒歩運動してるっていう。まあ結果、大事には至りませんでしたが。

 そしてパリからローマへ向かう便はイタリアのアリタリア航空だったのですが、その短いフライト内でポンっとなんとなしに渡された配給品が、パックのサンドイッチ。これが今旅の第一イタリア食だったのですが、そんなコンビニエンスフードみたいなんが、えっ、て思うほど美味かったからイタリアは早速ヤバい、という感じ。なんのことはない、ナスの、浅漬けっぽくしたのの、バターだかオリーブオイルだかで軽く味付けしたサンドイッチなんだけど、薄味なのにコクがあるし、ナスの柔らかさも、ふだんは不愉快なはずの水気吸ったパンの柔らかささえもちょうどよく、コンビニフードでこんなに美味いのがイタリアンなんだったら、もうこの先コンビニフードだけで旅行過ごしてもかまわないかも、っていうレベル。なにせ、写真撮るの忘れるくらいには、美味い美味いって食べてた。
 ↑ここが行きの旅程のハイライトかな。

IMG_4096.JPG

 そんなこんなでローマ、フィウミチーノ空港に到着。
 からの、ローマ中央テルミニ駅。

IMG_4101.JPG

 そしてそのすぐ近所の安宿にイン。駅前の雑居ビルで、そのへんのあんちゃんとかスルッと侵入できちゃうんじゃないかという感じで、口ひげで中途半端に洒落たジャケットのおっさんがフロントでスタッフとだらだらしゃべってるだけの、ほんとに眠るだけのただの場末の宿で、そのおっさんが某有名な国文の先生に似てたっていうこと以外には特になにもない。

IMG_4100.JPG
IMG_4098.JPG

 遅い夕食をとろうとするも特にこだわる体力すらなく、テルミニ駅付設のフードコートでさくっと済まそうという感じなのですが、以前(2013年)来たときよりもさらにフロアや店舗が充実してるらしく、新しくできていたオシャレフードコートがかなり使い勝手がいい感じで、前菜もメインも肉も魚もパスタもドルチェも何もかもがひととおり、しかも国内各地方の郷土料理がまあまあそろっているというフードコートで、パスタはパスタで生パスタだけのコーナーがあったので、カチョ・エ・ペペ、チーズと胡椒だけのシンプルなパスタ、麺はトンナレッリ、四角いロング麺で、ゆで加減がへんなつけ麺屋みたいにだいぶ硬いのですが、それでもまあ、コンビニエンスな駅付設の店で食べられるものとしては悪くない(チーズましましにしたせいでだいぶ塩っぱいものの)、しかもバーのコーナーでは、ワインの国・イタリアでは選択肢の薄めなはずのビールがドラフトでたくさん種類あって、え、モレッティのブラウンビールの生なんかあるんですか、っていう、ここかなり有能なインフラじゃないですかね。
 こんなインフラあるなら、ローマを旅行事務的な拠点にしてルート組むのはかどりそうだな、って思いました。12時過ぎても開いてるっぽいし。若人がめっちゃはしゃいでるし。あ、これっていま土曜の夜か。

 という感じで、明日の本番=鉄路12時間に備えて、休みます。

posted by egamiday3 at 10:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする