2017年01月10日

201611it イタリア・シチリア旅 2日目その3「シチリアン・フードにいいようにもてあそばれている」

 
 19:00 パレルモ着。
 パレルモはシチリアの州都ですので、シチリアまわりはまあここからスタートしますよねという感じですが。
 すでに薄暗みの中の駅前の様子をぐるっと見回してみると。
 ・・・・・・う、ちょっとがらが悪そう。
 道や建物が荒れている感じでごみごみしてる、街が粗そう、車が粗そう、路上の手持ち無沙汰さんがそこここにいっぱいおる、がしゃがしゃしていてかつ賑わっているという感じではないので、んー、駅前とは言え州都でこんな感じかと。宿にインしたあと街を軽く歩きましたが、州都で目抜き通りでまだ夜8時にならないくらいでしかないのに、え、ちょっとここ歩くのなんかやだな感がわりとあってあきらかにビビってる、っていう。後述の宿のマダムさんが「裏路地は行くな、表通りを歩け」ってアドバイスしてくださった、その表通りって、え、ここのことですか、ここ歩くんですか、っていう感じだから困る。バイクの運転が荒かったり、烏合の衆がかたまって騒いでたり(註:オープンなパブだった)。あと、スーパーを見つけたので入ったら、瓶が割れて床に撒かれた赤ワインがそのままだったり。
 んー、シチリアそうか、この先どうなんだろう、と。
 ただそれでも、慣れたら楽しそうだなって思えるのは、そういう街の粗さが、イコール、人が自由に暮らしてる感から来てるなっていうのがなんとなく分かるから。

 宿は、駅のどまん前にあるB&Bで、私宅を宿にしてはるから看板も表示もいっさいない、どこにそれがあるのかぜんぜんわかんなくて、Booking.comに書いてあった住所の番地だけを頼りに、ここのはずだよな、えいやっ、と呼び鈴を押す感じ。しかも、当初はパレルモ着23時の列車を予定していたのを先方に伝えてたので、まあまあ不審がられて1回では出てもらえなかったという。まあ、よくありますよねw
 それでもこのB&Bのマダムさんはすごくフレンドリーな方で、Booking.comで予約入れたときからわりと丁寧にメッセージくださってたので、よかったです。食事処や街歩きのおすすめも地図を使って初心者にわかりやすく説明する様子は、手慣れてるなあという感じだったし、バス関連の相談も(まあ正確さはともかくw)親身にのってくれたし、部屋もなに不自由ないふつーのB&Bでした。

 夕食に、街に出ます。
 とりあえず街の品定めに繁華街のほう、歩行者天国になってるあたりを無目的にぶらぶらブラウジングしつつ、スマホと予習メモで食事処を探していると、見つけた日本人ブログに「○○へ行くつもりが開いてなくて、たまたま別の店に行ったら当たりだった」みたいなことが書いてあって、ああそれなら期待できるかなあと。

 Le Delizie di Cagliostro
 http://www.ledeliziedicagliostro.it/

 街が粗いなあと思ってたのと真反対に、フロアさんの応対が丁寧でフレンドリー、日曜だからかそんなに混んでもいない。安心して気兼ねなく座らせてもらえる感じ。
 若手のウェイターの兄ちゃんがアンティパストにタラのカルパッチョをおしてくるんだけど、ちょっとお高いしなと思ってメニューを凝視してたら、シチリア料理のミストがどうのと書いてあって、ミストってミックスじゃないか(ちゃんとイタリア料理用語勉強してた)、これにしようとお願いして出て来たのがこちら。

IMG_4259.JPG

 ・・・やばい、まちがいない。美味い。

 シチリアの食べ物についてはものの本でうっすら予習(参照:http://egamiday3.seesaa.net/article/445202831.html)してきましたが、まず、左上の茄子はカポナータ、ラタトゥイユのイタリア版なんだけどこってり甘酸っぱいやつ、それにアーモンドかなんかのスライスがかかってる。オリーブも入ってたかな。こってり甘くてさっぱり酸っぱくて、しかもあったかくしてくれてるのが身体に染みる、これだけでパンでもパスタでも白ワインでもいくらでもいけちゃう感じ、イタリア版めしのともだなあ、なんならご飯にも合う。これはちまちまつまむ。
 左下が、トマトのブルスケッタ、バゲットでリッツパーティにしたやつ。トマトが美味い、ていうかトマトに下味してあるやつが美味い、まちがいない。ていうか、パンがさくさくしてて美味い、やばい何このパン。
 真ん中、イワシをたぶんオーブン焼きにしたベッカフィーコっていうやつ。巻いてるのも何か名前ついてたはず。それにパン粉をまぶして焼いてある。これにナイフを入れるんだけど、入れた瞬間にえっ?とびびったのが、豆腐みたいに柔らかくてナイフがすうって入る、え、どんだけ柔らかいのと思って口に入れたら、やっぱり柔らかい、身が舌の上でさらってなる。あんまイワシってそういうふうに味わうことないよなあって思ってたけど、次にびびったのが、これがまったくイワシ臭くない。生臭さも青臭さもない、え、これ白身か?って思うくらい。これはもうちょっとまとまった量で食べたかったかもしれないっていう。この柔らかさと生臭くなさは、この土地の素材の勝利? 下ごしらえ? オーブンのおかげ? 下に敷いてある檸檬の効き目? わかんないけど、これまでの自分のイワシ観に謝らないといけなさそうな感じ。
 真ん中の上、このお団子状のやつを”ポルペッタ”っていうのかしら? ものの本にブロッコリーのポルペッタというレシピがあって、これは食べたいよなあって思ってたんだけど、これは純粋にポテトっぽい。ただし塩気が効いてる、ああそうか、チーズか、ていう感じ。これもパンやワインがすすむ。
 さっきからパンやワインやと言ってますが、まずもってこの皿とは別に卓上にぽてんと置いてあるカゴいっぱいのパン、外食するとサービス料代わりに”コペルト”という名で必ず出るシステムの、があるのですが、このパンがそもそも美味いんですよ、さっきから。そういえばシチリアにはシチリアのパンがあるって書いてあった気がする、ゴマがふってあるの。ゴマの歯触り香りと、生地がもっちりしてそうでしつこくなく、甘みがあるようでしつこくなく、おかげで小麦摂取の手が止まらなくなりそうなのがやばいっていう。糖質制限の大敵。
 そのシチリアパンに何かがはさまってるのが左下のやつで、このはさまってるのなんだろう、平たくて焼いてあるか揚げてあるけど、はんぺんかなと思って食べたら、つぶした豆の味がするので、あ、そういえばひよこ豆を煎餅状にした食べ物(パネッレ)があるって聞いた、これのことかな、と思った。もっとチップス的なものを想像してたけど、これはこれで油っ気もあって思ったより美味い。ただ、パンにはさむほどの惣菜力はないだろうとは思うんだけど、これもパンもどっちも美味いから結果許せるという、なんかずるい。
 最後の右上がどうしてもわからなくて、油揚げの堅焼きみたいな、すごくコシのあるパンのようなものが薄くあって、トマトを塗ってチーズをふって焼いてある。少しだけ食べ残してウェイトレスのねえさんに聞いたら、「スフィンチーノ」とおっしゃる、ああこれがスフィンチーノか、シチリアにそういう変わり種ピザみたいなのがあるんだというのもまたものの本で読んだ。こんなコシのあって歯ごたえも噛みごたえもおもしろい生地のピザ?があるんだったら、これは常食にしたいですよ、というくらいのもの。日本でも流行ったらいいのに。

 見てください、前菜のひと皿でもうこれだけ↑興奮してる。
 シチリアン・フードにいいようにもてあそばれてる感じ。

 ここに加えて、パスタがこれです。

IMG_4261.JPG

 Pasta con Sarde alla Palermitana
 イワシのパスタです、トマト無しで、さっきのイワシみたいに何の生臭みも青臭みもないやわらかい身が、パスタの量と釣り合い取れないレベルでこれでもかというくらい入ってる、あと、レーズン(といってもケッパーくらいの小さくて丸い粒)と松の実、ハーブはフェンネル、あとたぶんタマネギ、そして上からまんべんなくたっぷり、魚粉か鰹節のようにばっさばさかかってるのが、パン粉ですね、たぶん煎ってある。
 すみません、多少行儀悪くも、ばくばく食べてる。イワシが美味いし、ダシが美味い、それの絡まるやや太麺のパスタがのどごしでぐいぐいくる勢いで美味い。ていうかこれもはや日本食っぽい、鰯細うどん的な。正直パン粉がちょっとよくわかんないんだけどw、シチリアはもうとにかくパン粉を使う土地柄らしく、そういうもんだと思うことにしました。

 正直、シチリア初日補正が相当かかってるだろう(ていうか、お昼ちゃんと食べてないし)とは思うのですが、今回の旅全体を通して美味かった店はどこかっていったら、1位はここです。ありがとうございました。

posted by egamiday3 at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする