2017年01月10日

201611it イタリア・シチリア旅 3日目その1「まだ朝8時ですが、ここで1記事として区切っていい」

 おはようございます。3日目の朝です。
 早朝目が覚めて2時間くらい仕事してました。

 朝食を8時くらいに指定してあったので、その前にちょっと朝の散歩にでも出ようかなと思いました。がらの悪さが気になる街ではあったのですが、宿のマダムさんが昨晩観光地図を囲んでレクチャーしてくれたことには、「朝はこの道をこう海のほうへ行くといいよ」とおっしゃるんだけど、ほんまかいな、自分のリスニング違いちゃうか、と半信半疑でふらふら歩いていったら、海辺の様子がこれ、っていう。

IMG_4280.JPG
IMG_4291.JPG
IMG_4281.JPG

 実にすがすがしい浜辺の朝日、すっかり晴れ渡ってるし、ありがたい。
 ていうかさすがマダムさん、実にいいナビをしてくださったなと。

 最初まだ薄暗めだったのが、陽が徐々に昇ってきて、パレルモの古い石造りの建物をうっすらいい具合に染めていく感じ。

IMG_4293.JPG
IMG_4288.JPG
IMG_4289.JPG
IMG_4292.JPG

 海もいいんだけど、この街を囲むまわりの山々の、個性的なというか、それぞれ趣深い感じで並んでるのが、気になるなと。たぶんこれ、飛行機でパレルモに近づくときに空から見たら、湾の感じも含めてすごいいい眺めなんじゃないかなって思いますね。その意味では、次は空路でいいかも。

IMG_4295.JPG

 このあたりは市民住民のみなさんの朝のジョギング&散歩コースの定番っぽくなってて、まあそれにふさわしい景色の海岸だよなあという感じです。

IMG_4299.JPG

 海岸沿い道路にある何らかの施設前の、ちょっと何かよくわからないもの。
 自分が勉強不足なだけでたぶんキリスト教の何かしらの祝い事のための何かしらの神輿的なものだと思うのですが。
 茶化して言うなら、祇園祭新参の「薔薇船鉾」か、タイムボカンシリーズの悪玉トリオ登場、みたいな感じ。

 そしてここから数十分、軽く遠回りして宿へ戻るのですが、この朝の路地裏感がまたすがすがしいという。

IMG_4300.JPG
IMG_4302.JPG
IMG_4305.JPG
IMG_4307.JPG
IMG_4308.JPG

バロック。バルコニー。廃墟。
迷宮のようなと形容される路地。
大学へ向かうらしき学生たち。
さらに行くと、地元バール。地元パン屋。オシャレバール。オシャレB&B。
そして、泉。
うん、アタリっぽいのはこの路地だな、という感じ。(Via Alloroと言う)
このへんの地元店やオシャレ店でまったりできたらいいんだけど。

 駅前のがしゃがしゃ感からまた宿に戻ると、地下階の食堂で朝番の青年が、簡単な朝食をサーブしてくださる。フライドエッグがあるのが、朝の塩分・脂肪分摂取できてうれしいです。明日朝は電車で早い時間に発つんだ、と話すと、じゃあ小さい朝食の包みを作って用意して置くから電車の中ででも食いなせえ、と。実にありがたくもあたたかいというか、家族っぽいというか。これで一泊4000円台というのは申し訳ないですね。

 まだ朝8時ですが、ここで1記事として区切っていいほど、いい感じの朝散歩でした。

 現在3日目。
 これからの予定はいまのところこんな感じです。

11/19 ローマ着
11/20 ローマ→パレルモ(鉄道)
11/21 朝 散歩(★いまここ)
午前 モンレアーレ
午後 パレルモ市内
11/22 午前 パレルモ→カターニア(鉄道)

 まずはパレルモ郊外の山の教会、モンレアーレへエクスカーションに行きます。

posted by egamiday3 at 23:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする