2017年02月28日

近年の関連文献その他 #2017年の本棚の中のニッポン

 近年の関連文献その他で、総記的なのの、ざっくりした列挙。

 まず、最近の関連文献で、まとまったもの。

・・「(特集)外国から見た日本の専門図書館」. 『専門図書館』. 2014.11, 268.
・各国・各大学の日本研究・資料・図書館の様子、日本の学術図書館・専門図書館に望むことなど。
・イズミ・タイトラー. 「英国・欧州の日本研究図書館との関わりにおいて」. p.2-7. (イギリス・オックスフォード大学ボドリアン図書館附属日本研究図書館)
・バゼル山本登紀子. 「海外から見た日本の専門図書館 : 米国からも利用させてください。訪問を終えて思うこと」. p.8-14. (アメリカ・ハワイ大学マノア校図書館アジアコレクション部)
・マグヌスセン矢部直美. 「オスロ大学図書館より小規模国での日本学東アジア学支援」. p.15-21. (オスロ大学人文社会学図書館)
・蓮沼龍子. 「日本情報提供の最前線 : ドイツの日本専門図書館からの報告」. p.22-27. (国際交流基金ケルン日本文化会館図書館)

・・牧野泰子. 『日本古書通信』.
・2015年から2016年にかけて、元プリンストン大学日本研究司書の牧野泰子氏が記事を掲載。およそ半世紀にわたるアメリカでの日本研究司書としての活動の歴史をふりかえる。福田なをみ、甲斐美和ら日本研究司書の回想、NCCや日本研究司書研修開始時の様子など、アメリカにおける日本研究図書館と司書の歴史がわかる。
・「アメリカ図書館界に足跡を残した思い出の人々」. 2015.9, 80(9), p.2-5.
・「私が出会った在米日本語稀覯書たち」. 2015.11, 80(11), p.12-13.
・「私の駆け出し時代からテクニカルプロセス分科会時代まで」. 2015.12, 80(12), p.11-13.
・「北米全国日本雑誌総合目録作成と在米日本関係担当司書日本図書館視察旅行など」. 2016.1, 81(1), p.14-15.
・「フーヴァー会議前後」. 2016.2, 81(2), p.32-34.
・「ジュニアライブラリアンの為のワークショップとパブリックサーヴィス委員会結成まで」. 2016.3, 81(3), p.24-25.
・「日本研究・京都会議」. 2016.4, 81(4), p.20-22.
・「日本研究上級司書研修」. 2016.6, 81(6), p.15-17.
・「アメリカでの司書生活を振り返って」. 2016.8, 81(8), p.13-15.

・・「(特集)海外における日本研究への支援と図書館」. 『国立国会図書館月報』. 2016, 664/665.
・江上敏哲. 「「海外のユーザに日本資料・情報を届ける」ということ」. p.6-9.
・マルラ俊江. 「今なぜ、インターライブラリー・ローンなのか : 国立国会図書館主催「海外日本研究司書研修」に参加して」. p.10-14.
・総務部支部図書館・協力課. 「国立国会図書館の日本研究支援」. p.15-17.
・関西館図書館協力課. 「日本研究司書を支える研修の取り組み」. p.18-20.
・浜田久美子. 「海外の日本研究を知る : 英国・ドイツでの日本研究司書へのレファレンス研修を通じて」. p.21-24.


 次に、カレントアウェアネス&Eに掲載の、関連記事。

E1558 - 2014年CEAL年次大会・NCC公開会議<報告>
2014.04.24
http://current.ndl.go.jp/e1558

E1643 - JALプロジェクト2014:公開ワークショップ<報告>
2015.01.22
http://current.ndl.go.jp/e1643

E1671 - 2015年CEAL年次大会・NCC公開会議<報告>
2015.04.23
http://current.ndl.go.jp/e1671

E1728 - 英国・ドイツでの日本研究司書へのレファレンス研修を終えて
2015.10.29
http://current.ndl.go.jp/e1728

E1734 - 第26回日本資料専門家欧州協会(EAJRS)年次大会<報告>
2015.11.12
http://current.ndl.go.jp/e1734

CA1859 - 事例報告:北米の大学における日本古典籍の電子化事業 / 鈴木紗江子
2015年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1859

E1862 - 第27回日本資料専門家欧州協会(EAJRS)年次大会<報告>
2016.11.24
http://current.ndl.go.jp/e1862

CA1885 - イェール大学図書館の日本資料コレクションに関する最近の研究動向 / 松谷有美子
2016年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1885

E1881 - JALプロジェクトから得た3度の「提言」を考える
2017.02.09
http://current.ndl.go.jp/e1881


 イベント類(@日本)で、主なもの、というか自分が行ったもの。

・第14回図書館総合展フォーラム「クールジャパンから リアルジャパンへ」
2012年11月20日
主催:北米日本研究資料調整協議会(NCC)/図書館総合展運営委員会
第1部:ライブラリアンと語るわたくしの日本研究(ドナルド・キーン、エイミー・ハインリック)
第2部:リアルジャパンを世界に発信!クールジャパンを超える世界的MLAコラボレーションは可能か(ヨコタ=カーター啓子「北米での日本研究資料へのアクセスマップ」ほか)

・平成24年度「日本専門家ワークショップ」
2013年2月19・20日
@国際文化会館/国立国会図書館
1日目「日本専門家育成戦略会議」(非公開)
2日目シンポジウム「なぜ今、海外日本研究支援か?」(公開)
http://current.ndl.go.jp/e1408

・第1回EAJS日本会議
2013年9月28・29日
@京都大学
・第2回EAJS日本会議
2016年9月24・25日
@神戸大学

・シンポジウム「海外の日本研究に対して日本の図書館は何ができるのか」
2014年1月30日
@国立国会図書館
基調講演:「海外の日本研究と日本の図書館の役割 −北米、及び東南アジアの事例から」和田敦彦(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
パネルディスカッション:「海外の日本研究のために日本の図書館は何ができるのか」ウィリー・ヴァンデワラ(ルーヴェン・カトリック大学教授、EAJRS)、江上敏哲(国際日本文化研究センター)、篠崎まゆみ(オーストラリア国立図書館)、ジョ・ヘリン(韓国国立中央図書館)、マクヴェイ山田久仁子氏(ハーバード燕京図書館、NCC)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/knssympo.html

・「MALUI Talk in Kyoto」
2015年6月7日
主催:近畿地区MALUI
テーマは”日本情報の海外発信”
https://kinkimalui.wordpress.com/maluitalk2015/

・第17回図書館総合展2015「海を渡る日本の学術書」
2015年11月12日
http://www.libraryfair.jp/forum/2015/1885
https://youtu.be/0ofZIN8J5kE
基調講演 : 野口幸生 コロンビア大学C.V.スター東亞図書館
パネリスト : 永ア研宣 人文情報学研究所
パネリスト : 田中政司 ネットアドバンス ビジネスセンター センター長
パネリスト : 井村寿人 勁草書房 代表取締役社長
コーディネーター : 橋元博樹 東京大学出版会営業局長


posted by egamiday3 at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする