2017年03月01日

デジタルアーカイブ #2017年の本棚の中のニッポン

 と言いつつ、デジタルアーカイブの問題は全般的にひろく影響する話なので、各論で追々、むしろこのような単体の項目で触れるようなことはごく少ない感じ。

 日本のデジタルアーカイブについて海外の日本研究関係者からいつも定番のように指摘されるのが、足りていない、わかりにくい、見つけにくい、たくさんあってあちこちに散らばっている、”ポータル”がない、”英語”がない、オープンでない(海外からアクセスできない)、云々。
その指摘のいくつかは、項をあらためつつ。

 例えばEuropeanaの検索語ランキング記事を、どこまで真に受けるかは別として、こういうのを見る限り「需要はある」はずなので。

・2013年にEuropeanaで最もよく検索された語の第4位に「Japan」
http://current.ndl.go.jp/node/25193
・2016年にEuropeanaでよく検索された語のランキング:第6位に“Hokusai”(葛飾北斎)
http://current.ndl.go.jp/node/33153

 それでもこれらの指摘っていうのは海外のユーザがどうっていうよりは、そもそも我々日本側だって不満は同じことのはず。
 例えば、海外から日本研究関係者に来てもらって”研修”をする、というようなことをやってるところに立ち会うことがよくありますが、その時にみなさんがうれしそうに、「日本に来て、話をきいて、はじめて、こんな素晴らしい役に立つデジタルアーカイブがある、っていうことを知った」っておっしゃるんだけど、それどうなんだろう、という話ですよね。なぜいままで知られてなかったんだと。
一方で日本側には、デジタルアーカイブの紹介はもういつもやってるはずなので、これ以上何を話したらいいかわからない、と悩む方もいらっしゃる。

 そういう意味では、Googleでヒットさせるという可視化はもちろんなんだけど、それだけではなく、生の資料そのものをアクセス可能化することに加えて、それがどういう資料で、どういう意味を持ってて、どういうシーンで意味を持つ・使えるものなのか、っていうのを解説・解題・キュレーションしないとなっていう。

・デジタルアーカイブの「Googleやさしい」は、実際どこまで効果ありなのか: egamiday 3
http://egamiday3.seesaa.net/article/446484829.html

 それは、NDL研修受講者の人が「授業で使えるデジタルアーカイブがあるとわかったので、日本関係の授業で教えるときに使う」とおっしゃったのとか、同じく「研究者の人がなぜこれを作ったのかやこれを使うとこういうことがわかると説明してくれた」とおっしゃったのとか、JALアンサーシンポでフロアの方が「かみくだいたかたちでの発信が必要」とおっしゃったのとか、情報メディア学会のパネルで紹介された下記のシリーズ、

・“それいけ! デジコレ探索部「第1回 知られざる桃太郎」”. ITmedia eBook USER. http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1406/20/news037.html.

 は、残念ながら終わっちゃってますけど、最近首都の大学のデジタルアーカイブな先生が、古写真を色づけするのを紹介するツイートを継続的にやってはって、

・「1945年3月19日の呉空襲。午前7時半ごろ、米軍機から撮影された複数の写真を合成しパノラマ化したもの。ニューラルネットワークによる自動色付け。元写真はこちらから。」
https://twitter.com/hwtnv/status/828730315656998912

 資料の内容や魅力や意味を人の手や目や言葉を介して、初学者や学部学生のような立場の多くの人たちに向けて。こういうのが、ていうのがこういうのこそ、そもそも我々がこれまでやってきたことだし、やるべきことをちゃんとやるということじゃないかな、って思たです。

 あと、がらっと話変わって、NDLの図書館向けデジタル送信サービスが海外向けにサービスできてないっていうのは、ちょっとづつ前進しつつあるらしい、っていうのが2017年2月末日現在の状態です。

・2/24開催「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会中間まとめ(案)」でNDL送信サービスに「外国の施設を追加する法改正が求められる」と言及。
http://www.marumo.ne.jp/junk/culture_copyright_law_and_basic/2017_02_24_06th/04_doc02.pdf

 その他の問題は、各論で追々。

posted by egamiday3 at 08:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする