2017年03月03日

国文研・歴史的典籍NW事業 #2017年の本棚の中のニッポン

 
 というわけで、”国文研さんのやつ”です。

 ”国文研さんのやつ”のまとめ再掲。
・”和本”という日本資料を、大量にデジタル化して、オープンに公開する。
・”在外資料”としての和本、つまり海外各大学・図書館・機関にあるものも、その対象の予定。
・古典籍総合目録その他のデータベースとともに、構築される”デジタルアーカイブ”が”和本”の”ポータル”となるであろう。
・”デジタルヒューマニティーズ”界隈のいろんなコラボやツールも活用されるであろう。
・デジタル化事業だけでなく、研究活動も含め事業全体が、国内外・多分野で、国際共同研究ネットワークを構築するという“コラボレーション”を目指している。

・「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画(略称:歴史的典籍NW事業)」
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/
・増井ゆう子, 山本和明. 「国文学研究資料館・日本語の歴史的典籍のデータベース構築について」. 『情報の科学と技術』. 2015, 65(4), p.169-175.
-その名の通り、日本語の歴史的典籍をもって、国際的な共同研究ネットワークの構築を目指すプロジェクト。
-平成26年度から平成35年度までの10年間の予定。
-30万点の歴史的典籍のデジタルアーカイブ構築。『国書総目録』50万のうち30万。国文研所蔵だけでなく、複数の機関が所蔵する古典籍を含むポータル。
-拠点大学国内20大学、海外の大学・研究機関等と連携の予定。
(海外の連携相手には、欧米中韓の13機関が挙がっている。)
-人文社会科学分野として初めての大規模学術フロンティア事業。

 ひと言で言えば、日本古典籍、和本のプラットフォーム、ポータルサイトが出来ると。
 それも、単に和本をデジタル化しますよ、という話ではなく、国内外の大学・機関と連携して事業をおこなうこと。国内外・他国他地域との国際共同研究をおこなうこと。異分野融合であること。
 そういうことがうたわれているので、海外関係者からの期待の視線も熱いです。トロントで開かれた2016年3月のNCCでも即席ミーティングが開かれるほど注目でしたし、EAJRSでもそう。そもそも、このプロジェクトの発端にあたる話、まだ目鼻もまったくついてなかったころにその話をあたしが初めてきいたのも、2011年イギリスでのEAJRS会議の時でした、正直、あまりにでかすぎる話で実感がわかなかったんですが、いまもうすでにやってるわけだからなあ、と。

・「拠点大学の画像公開について 【 2015(平成27)年度の拠点デジタル化資料 】
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/database.html

 この文章を書いているいまはまだ9大学分の公開みたいですが、2017年4月には新たな画像データベースが公開される計画です、ってこのページには書いてあるので、これもワクワクですね。
 そして、画像、からの、オープンデータです。”デジタルヒューマニティーズ”です。

・「ホーム > 歴史的典籍に関する大型プロジェクト > オープンデータセット 」
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/data_set_list.html
2017年2月現在、日本古典籍データセット、日本古典籍字形データセット、江戸料理レシピデータセットを公開中。700点の画像データ約16万コマとその書誌データ。

・日本古典籍字形データセット
http://codh.rois.ac.jp/char-shape/
所蔵古典籍の文字座標データなど8点の資料に書かれた86000文字。

・日本古典籍データセット活用例
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/data_set_use.html

 和本カテゴリの第一党として期待しかしてないです。

posted by egamiday3 at 22:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする