2017年07月08日

『京都の凸凹を歩く』から考えた、資料・情報とユーザのあり方についてその1

 梅林秀行. 『京都の凸凹を歩く』1・2. 青幻舎, 2016-2017.、をもとに、資料・情報とユーザのあり方について考える機会が、どうやらegamidayさんにはあったらしく、そのことについてたぁーっと書いたのの下書きめいたもの。
 なお、著者の梅林さんも登壇予定の9/9-10の「アーカイブサミット 2017 in 京都」(http://archivesj.net/summit2017top/)は、近日参加受付開始と思われます。

京都の凸凹を歩く  -高低差に隠された古都の秘密 -
京都の凸凹を歩く -高低差に隠された古都の秘密 -
京都の凸凹を歩く2  名所と聖地に秘められた高低差の謎 -
京都の凸凹を歩く2 名所と聖地に秘められた高低差の謎 -

-----------------------------------------------------
 『京都の凸凹を歩く』は、土地の“高低差”や“凹凸”を主役に据えた、他に類を見ない京都ガイドブックである。著者である京都高低差崖会崖長(http://kyotokoteisa.hatenablog.jp/)の梅林秀行氏によれば、この崖会は「まいまい京都」(http://www.maimai-kyoto.jp/)という京都の住民がガイドするミニツアー企画の活動を通して生まれたものらしい。特徴的な土地の形状から読み取れる歴史や社会と人の関わりをわかりやすく解説してくれる。梅林氏は、NHKの人気番組「ブラタモリ」にもたびたび出演し、サングラスのあの方をあちこち連れ回しては軽快な語り口でその地形や街並みに秘められた物語を紹介している。
 土地を解説してくれているわけだから、ただ屋内でぼーっと読んでいるだけではもったいない。というわけで、6月のある週末、『京都の凸凹を歩く2』一冊を携えて金閣寺へ足を運んでみた。金閣寺と言えば一年中観光客でごった返し、一方で市民が足を運ぶことはほぼないようなスポットで、私自身も訪れたのは10年ぶりか15年ぶりかとんと覚えがない。そんな手垢のついたような観光地でも、あらためて本書を片手に地図と写真と解説文を比べながら歩いてみると、見知っていたはずの風景がまるで違って見えてくる。金閣の配置とその背景を構成する地形にはそんな由来があったのか、金閣と衣笠山はこんなふうに見えるのか。古文献によれば金閣の北にもう一棟あったらしい、だとすれば風景はさらに違って見えるのではないのか。そうやってひとつひとつの意味を丁寧に解説してくれる”ガイド”とともに歩いていると、本書に言及のないものでも自力で丁寧に見るようになってくる。あの垣根は、あの祠は、あの敷石はどういう由来があるんだろう、気になっては立ち止まりスマホでググる。そうこうするうち、観光客なら30分で通り過ぎるような境内に、気がつけば2時間以上も滞在していて、いやあ金閣寺ひとつにこんなポテンシャルがあったとは、とすっかり堪能してしまった。
 その丁寧な”ガイド”を支えているのが、本書中で引用・参照されている豊富な文献・資料の数々である。金閣寺の章だけでも、江戸中期の古絵図、大正の都市計画基本図、幕末の錦絵、室町期の日記本文、京都市埋蔵文化財研究所による地下電気探査の報告書、そして地形図のベースは「カシミール3D」(http://www.kashmir3d.com/)という地形データのデジタルアーカイブ。学際的、というよりは分野の混交、その土地を主軸とした一種の総合芸術(総合学術?)のようにも思える。
 このような活用をしているユーザへこれらの資料・情報がどう届くかを考えるとき、ポイントのひとつは分野横断的なポータルの有無だろう。デジタル公開されてくれていればそれでもよいが、各種のデジタルアーカイブがネット上に散在していて思うように探せないとなれば、効率が悪いだけでなく、柔軟な発想を生み出しにくい。個々にしぼって探せる機能、に加えて、異なるデジタル資料を一括で発掘できるツールがほしい。2020年までに整備されるという国立国会図書館のジャパンサーチ(仮称)(@デジタルアーカイブの連携に関する関係省庁等連絡会・実務者協議会. 「我が国におけるデジタルアーカイブ推進の方向性」. 2017. http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/digitalarchive_kyougikai/houkokusho.pdf@)がそれを実現してくれるのか、期待されるところである。
 もう1点、著者の梅林氏が大学等に所属しない”崖会”の”崖長”であることにも留意したい。各分野の様々な専門資料・学術資料が、特定の大学に属する者だけでなく公共に開かれたものであるか。特に、デジタル資料がオープンにアクセス可能かどうか。知の継承と共有が新しい知を生産するサイクルの原動力となる、ということを信じる立場としては、最高学府たる大学が知の囲い込みや出し渋りに走るのはひとつの自殺行為に等しいと考えずにはいられない。大なり小なりどのような形でであれ”オープン”を実践していくことは、今後の大学等の社会に対する責任の果たし方のひとつとしても切実に考えられなければならない課題のひとつであろう。
posted by egamiday3 at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする