2019年06月03日

今日の「CA読み」メモ:「人文社会系分野におけるオープンサイエンス」「地域コミュニティにおける公共図書館の役割」他


●E2136 - 起業における図書館活用(1)起業知識ゼロから飲食店経営者へ
 http://current.ndl.go.jp/e2136
 菅谷本を読んでるかのような、非常にベストプラクティス的なビジネス活用談話だったので、もっと長尺でじっくり読みたいなとも思いましたが、シリーズ化される風のナンバーがついてるので今後に期待という感じです。次は語り口を変えてくるかな?

●E2137 - 「ニューヨーク公共図書館と<図書館の未来>」<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2137
 いや、これは動画だな。

●E2138 - 文化資源学フォーラム「コレクションを手放す」<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2138
 「本テーマは,ミュージアムのコレクションを手放すことを奨励するかのような誤解を招きやすいテーマであるものの,今,ミュージアム側が先手を打って議論しなければ,外部者の思惑に引きずられ,ミュージアムにとって不利益になるだろう」

●E2139 - NDL,「デジタル化資料活用ワークショップ」を開催<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2139
 大学図書館と公共図書館とでは活用の様相が若干異なってくるような気がするんだけど、どうか。

●E2140 - 3D/VR技術と学術図書館の役割に関する報告書
 http://current.ndl.go.jp/e2140
 結局はデータマネジメントの問題ということなんだろうか。

●E2130 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2019/5/10現在)
 http://current.ndl.go.jp/e2130
 「東日本大震災による被災資料の保全等に関する白井哲哉氏の著書『災害アーカイブ:資料の救出から地域への還元まで』」

●E2131 - 日本図書館研究会第60回研究大会シンポジウム<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2131
 「一般に図書館司書は博物館学芸員などと比較すると,地域資料のような固有の貴重資料を後世に継承していく意識自体が希薄なのではないか」

●E2132 - 第4回SPARC Japanセミナー2018<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2132
 読みやすいなと思ったら、飯野さん筆だった。
・第4回SPARC Japanセミナー2018「人文社会系分野におけるオープンサイエンス〜その課題解決に向けて〜」
・「海外において,大学以上の高等教育レベルで日本語を学習している人々は100万人前後いることから,日本語の学術書をOAにすることで,これら潜在的な読者がアクセスできる機会が増える」
・へえ〜→「海外ではデジタル化は進んでいるものの,商業出版社での出版が中心となっていることから,コンテンツへのアクセスは多くが購読者に限られる」「日本の学術雑誌では,採算という概念はあまり持ち込まれない傾向があり,OA化など広く社会に研究成果を還元するというシステムに繋がっている」

●E2133 - 米国OPEN Government Data Actの成立
 http://current.ndl.go.jp/e2133
・「民主党のオバマ大統領から共和党のトランプ大統領へと政権の移行があったが,オープンデータに関しては重要な政策として位置付けられ」
・「連邦政府機関に対して,保有するデータ資産の全容を把握するために,データ一覧を整備することを求めた。さらに,唯一のオンライン上の公開インターフェースとしての連邦データカタログの整備についても明確化された」(Data.govに法的裏付けを与える)

●E2134 - 地域コミュニティにおける公共図書館の役割:米国の実践事例
 http://current.ndl.go.jp/e2134
・そこまで度肝を抜かれたとんがったものがあったわけではないので、日本全然追いつける、できる。
・「スマートコミュニティにおけるアンカー機関として革新的な取り組みを行っている米国各地の公共図書館」
・テネシー州のチャタヌーガ公共図書館「自治体と協力し,犯罪統計や予算,計画類等のデータセットを提供するオープンデータポータルも開設」

●E2135 - 私達の人生を変える図書館:第3次図書館発展総合計画(韓国)
 http://current.ndl.go.jp/e2135
 ・「(7)「積極的な情報福祉の実現」・・・農・漁村での図書館サービス強化」
posted by egamiday3 at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする