2019年06月27日

今日の「CA読み」メモ:「田中あずささんにインタビュー」「民主主義の宝庫」他


●E2141 - LJ誌Movers & Shakersに選出の田中あずささんにインタビュー
 http://current.ndl.go.jp/e2141

・詳しくは「E2068 - 日本学多巻資料の総目次・索引電子化プロジェクト」(http://current.ndl.go.jp/e2068)を参照。
・「世界的に権威のある組織が,日本語資料をテーマとしたプロジェクトという,メインストリーム以外の分野に,スポットを当てて評価してくれた」
・ホントはここなんですが・・・>「日本でこのようなプロジェクトを引き継いで頂ける場合,私達のプロジェクトで使ったワークフローなどを共有することが可能です」

●E2142 - 須賀川市民交流センター内に中央図書館が移転オープン
 http://current.ndl.go.jp/e2142

 情報とアーキテクチャみたいなことだと思うので、”空論”と”実践”のどちらもをもっと知りたい、という感じだった。
 ↓
「tette内の図書館以外の場所にも相当数の本を置くという斬新な案」
「tette内の図書館エリア外にある子どもの遊び場や円谷英二ミュージアムなどの中にも本を置くこと」
「オープンして4か月経ち,多くの利用者はどこに置いてある本でも使いこなしている」
「趣味の活動で来館した人や,特に目的を持たずに来館した人が,ふと目に入った本に興味を持って手に取り借りてみた」


●E2143 - つくば市立中央図書館におけるロボットスーツHALRの導入
 http://current.ndl.go.jp/e2143

 問題は、こういうツールを必要とする仕事を担当するのはどういう職員なのか、と考えるのはヘンなことなのかな。(タグは #専門性 で)


●E2144 - 研究データ同盟第13回総会<報告>
 http://current.ndl.go.jp/e2144

「我々には,新たなデータの世界を結ぶ,堅固で美しく,立派な懸け橋を作り上げる責任がある」

●E2145 - 民主主義の宝庫:スウェーデンの図書館戦略に関する提案
 http://current.ndl.go.jp/e2145

 作成過程の後半や報告書のあり方が、民主主義のメディア的実践だなあ、と思った。
 オチが「今後の動きを注視していく必要がある」なのは、もっと来い、と思った。

posted by egamiday3 at 12:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする