2008年04月20日

図書館のコピー機で自分のノートをコピーしても、会議室でお弁当食べても(←古い)


 図書館のコピー機で自分のノートをコピーしたらダメなのかどうか
 http://egamiday3.seesaa.net/article/93420384.html

 「大学図書館における著作権問題Q&A」(http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/j/documents/coop/copyrightQA_v6.pdf)に載ってるよ、と教えてもらったよ。

 「Q2:図書館に設置しているコピー機で、利用者が持ち込んだ資料・ノート等を複写したいという要望がありますが、許可して問題ないでしょうか。」

 「この疑問を解消したくて、ちょっと漁ってみたけど、いい証言が見つからなかったよ。」

 不精して、ろくな漁り方してないのがバレバレだった・・・。m(_ _)m

 気を取り直して(笑)。

 それにしても、「権利者側から、図書館内で行われる複写は法31条に基づく複写に限られるべきとの主張」というのがまた納得できなくて、この”権利者側”という鵺の人たちのこの主張は、ノートの著作者たる利用者個々人の持つ、自分のノートに対する複製権、を侵害する発言ということにはなってくれないのかしら。

 というか、「著作権法上、利用者の所有する資料やノートの複写が問題であるとは必ずしも言えない」と主張し返さない限り、このままだと主張したもん勝ちになってしまうんじゃないかと思うんだけど、まああれかな、いまの図書館サービスって、現行の著作権法を厳密に考えてしまうと、結構な部分、あちこち立ちゆかなくなりかねないので、こういうオフィシャルな文書上ではあまり刺激したくないということかしら。著作権講習の最終日テストでは、「ILLは著作権違反である」に「○」書かせられたし。いまもそうなのかは知らんけど、少なくとも江上のときは。

 でもそうなると、結果、最後の一文たる「館外のコピー機の利用を促すべき」だけが発効してしまって、みなさんそれに倣えな感じになっちゃうのが、悔しいね。

 まあ、ポスターに「ノートはコピーするな」と書かないのがせめてものあれなのかな。

 まったくもって、こればっかりは”フェアユース大国”のアメリカさんを懐かしく思うよ。

 フェアユースにしようよね。
posted by egamiday3 at 17:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする