2016年12月10日

#JAL2016 その1 : ワークショップ「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言III」(海外日本美術資料専門家(司書)研修・2016)のメモ


 「JAL プロジェクト2016のご案内」
 http://www.momat.go.jp/am/visit/library/jal2016/

 海外で日本美術を担当している司書・研究者・キュレーターなどの専門家たちを、日本に招いて研修とワークショップをおこなう、という事業(通称「JALプロジェクト」)がありまして、2014、2015、そして今年2016が3年計画の最終年ということで、11月末から12月初旬の2週間くらいでおこなわれていました。

 (概要)
 ・文化庁の補助金による事業
 ・2014-2016の3年計画
 ・東京国立近代美術館さんがメイン
 ・今年の参加者は9人
 ・東京+関西の各種機関見学と、研修、グループワークなど

 その最終日におこなわれた公開ワークショップ(「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言III」)が東京国立近代美術館(2016.12.9)でおこなわれまして、なにやらコメンテーターなるお役目を仰せつかったこともあり、わりとがっつりめに参加してきました、ていうのの記録です。

 たぶんですが、3部構成になる予定。

 JAL2016・その1 ワークショップの内容メモ
 JAL2016・その2 コメンテーターとしての自分のまとめとコメント
 JAL2016・その3 この類の研修とか提言とかそのものについて、自分なりに考えたこと

 以下、その1 ワークショップの内容メモです。
 前半にハイライトをまとめてあります、後半が生メモ全文です。

 (註)<e>はegamidayのコメントです。

-----------------------------------------------------
■egamidayなりのハイライト

西洋の研究者たちがよく利用する日本美術のデジタルアーカイブは、例えばニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンの大英博物館による日本美術作品のデジタルアーカイブ。海外の機関だから日本に比べて情報量は貧弱だが、それでも、日本語が読めない研究者にとって使いやすいデジタルアーカイブは、海外発のほう。
・例えばケンブリッジ大学など海外の機関で日本資料のデジタル画像を公開しているが、日本のユーザは日本資料を探すために海外サイトを見ることはないだろう。デジタルアーカイブのポータルがあれば、その可視化も可能になる。

・Korean Foundation(韓国国際交流財団)は、海外図書館でも韓国のデータベースや資料にアクセスできるよう経済的援助をおこなっている。(<e>詳しく知りたい)。
・ロンドン大学SOASのwebサイトに掲載されている、利用できる契約ものデータベースのリストを比べると、中国のデータベースと日本のデータベースではそのリストに約3倍の開きがある。
・(ディスカバリーシステムに限らず)ネットで日本情報を検索しても、中国のサイトがヒットする。

・日本研究・学習に何語の資料を使うかのアンケート@ルーマニア。英語が2/3(一番手に入りやすい)、ルーマニア語が1/3、日本語は1/6。ほぼ全員が「資料が手に入らない、足りない」が問題。手にとって調べられない、新しい本がない、日本語原書がない、英訳しかない、逆にルーマニア語翻訳がない。
・ブルガリア人はロシア語ができるので、ロシア語の日本関係図書を使うことができる、というアドバンテージがある。
・資金が問題。さらに、資金があっても買った本を置くスペースがない。収書のためのカタログ等の参考ツールがない。

・ソフィア大学で、バルカン半島日本語サマーキャンプ、国立民族学博物館での日本展示、子どもへの日本文化クラス、伊勢物語翻訳プロジェクト。これらのエネルギー源は、資金ではなく、学生の熱意であり、次の世代を育てることが重要
・学生になぜ日本語を勉強をしているのかを聞くと、就職とかそういうことではなく、文化を知ることで人間として豊かになれるから、という強い動機がある。日本に興味を持ってくれた学生を失いたくない。
・デジタル・ネイティブな若い世代には、スマホのアプリでの発信も重要
・特に若い世代の人々は自分の将来のことを考えると、デジタルが整備されるのを何年も待ってはいられない。当座の対応やつなぎでもいいから、”速さ”も必要
・谷口さん提言の「比較的早く着手できそうな課題」

・候補となる日本美術専門家を探し見つけて、招聘のためにアプローチをしても、参加してもらえなかった人・機関も多かった。(<e>費用全部持ちで、日本語条件を緩和して、参加を個別に働きかけても、こうであると。)
・セミナー(一方的に教える)、より、情報交換ワークショップ(対等に教え合う)。
・リンク集やツールなど、日本人だけで作るとガラパゴス化してしまう。海外の関係者の協力を得るべき。(<e>これはデジタルアーカイブ構築や研修事業等も、だろう)

・JACプロジェクト(Japan Art Catalog 日本の展示図録をアメリカ等の拠点図書館に寄贈し所蔵してもらうプロジェクト)について、当のアメリカのユーザにも知られていないおそれがある。(?)
・ピーターセンさんの著書(所蔵和古書目録)『Catalogue of Japanese Manuscripts and rare books』(2015)には、同じ本が早稲田のデジタルコレクションにあることなどを注記


-----------------------------------------------------
■生メモ全文

●基調報告(水谷長志)
・なぜこのJALプロジェクトを?について。図情大時代に、藤野先生のローマ国立中央図書館所蔵和古書カタログや北京日本学研究センター図書館支援などを経験。また、アメリカ滞在研修などが、企画の原点。
・目的5点。研修、日本側の理解、日本と受講者の交流、受講者間の交流、日本側が現状を再考する。
・1年目は、ほぼ日本人ばかりだったので予断・油断があった。
・2年目・3年目から、初対面同士でのグループワークを実施。

・3年間の総括。
・@日本美術専門家は、どこにいるのか?
・招聘候補者を探し発見するのが大変だった。(<e>ライブラリー? ミュージアム? ユニバーシティ? 東アジアくくり? オリエンタルくくり? 国は?)
・また候補を見つけても、招聘のためにアプローチをしたものの参加してもらえなかったところも多かった。(<e>費用全部持ちで、日本語条件を緩和して、参加を個別に働きかけても、こうであると。)
・A東アジア内で単独で日本担当というのは少なく、CJKくくりが主。その中でもJの相対的低下が目立つ。
・孔子学院・韓国国際交流財団(Korean Foundation)の積極的な支援活動に比べ、日本は特に政府・公的支援がジリ貧で、企業支援も大きくない。
・某大学の孔子学院看板のでかでかとしたこと・・・。
・B日本研究の低減化。
・北米大学では、特に学部生はネットワーク資源のアクセシビリティからCJK専攻を選ぶ傾向にある。画像のオープンアクセス、英文テキストがネットにあるかないかで、専攻を決める。
・デジタルの不備は結果として日本研究者を減らす。

●「ピッツバーグ大学でのJAL出張セミナー開講の試み」(谷口)
・JAL2016の一環として、実行委員のうち3名でピッツバーグ大学に出向き、そこで出張セミナー&ディスカッションを実施した。(ケーススタディであり、試みとして小規模に)
・これまでの参加者からの声「日本側が海外でセミナーをおこなってはどうか」による。
・また、JALプロジェクトは今後どうしていくのか、の模索でもある。
・セミナー+ディスカッション。講師・日本側3名、参加者・司書+博士課程学生(日本美術)計5名。
・北米学生はすでに紙媒体書籍をあまり使わなくなっており、書籍は郊外書庫へ。
・博士課程学生の研究内容はかなり専門分化が進んでいる。
・学生からの要望。画像のデジタル入手、展覧会カタログ、研究論文の公開、ポータルがほしい。
JACプロジェクト(Japan Art Catalog 日本の展示図録をアメリカ等の拠点図書館に寄贈し所蔵してもらうプロジェクト)について、当のアメリカのユーザにも知られていないおそれがある。(<e>? 本当ならかなり気になる話ではある。)

・課題の中でも、比較的早く着手できそうなものについて
・@(海外向け)日本美術研究のポータルの立ち上げ
・どこか、誰かがやったとして、その長期的な維持管理が課題。
・海外日本研究者と協力すること。日本人だけで作るとガラパゴス化してしまう。また、日本の日本美術研究と海外の日本美術研究に違いがある(美術研究と言うより、美術を通した社会文化文明の研究、等)。海外の日本美術関係者の協力を得るべき。(<e>これはおっしゃるとおり、日本研究リンクやツール作成、それだけでなくデジタルアーカイブやデータベース構築、支援活動や研修事業に、先方の協力を得ない手はないはず。)
・A日本美術及び日本学研究を専門とする大学教員、司書に対する定期的な情報提供。
・日本にとっての定番データベースが、なぜか学生に知られていない。理由は、大学教員が学生に教えないから。教えれば学生はそれを頼るようになる。なので、大学教員に情報提供するのが良いのでは、とのこと。
・B美術館出版物のリポジトリを立ち上げる。
・権利の都合でたとえ挿図がカットされていても、文章だけでもないよりはマシ。

・出張セミナーを終えて
・複数の大学や国でおこなわなければサンプルが少なすぎる。
セミナー(一方的に教える)、より、情報交換ワークショップ(対等に教え合う)のようなかたちがよいのでは。
・日本研究の空洞化問題に真剣に向き合う必要性がある。
・紀要だけでなく、商業誌のオンライン化が必要。
・「海外発信」における”戦略”がいる。発信自体が目的の安易な事業になってしまっていないか。そのためには国内者だけで検討せずに海外者と協力すべき。


-----------------------------------------------------
●●受講者たちの自己紹介+機関紹介

●マルタ・ボスコロ・マルチ/ヴェネツィア国立東洋美術館長
・北斎展2013、広重展2014など。
・アーカイブ15000点のうち、デジタル化が進んでいるのは3000弱くらい。
・700枚の一枚物、300の冊子を、2013年に赤間先生(立命館ARC)がデジタル化。
・2016年に日本文化に関する講演等の催しを16回やって、500人弱の参加者を得ている。

●メレッテ・ピーターセン/コペンハーゲン大学図書館司書
「日本における視覚資料と私」
・コペンハーゲン大学人文学部図書館の新しい建物内に、アジア図書館がある。
・NIAS Asia Portalはアジア研究のための北欧学術情報資源ポータルサイト。
・王立図書館のDigital National Library。日本関係のデジタル化資料は少ない。(多くがデンマーク・西洋のもの)
・ピーターセンさんの著書に、所蔵和古書目録あり。『Catalogue of Japanese Manuscripts and rare books』(2015)。詳細な解題にくわえて、たとえば同じ本が早稲田のデジタルコレクションにあることなどを注記(!)。
・編纂時によくつかったイメージデータベースのリスト。(<e>これが統合検索できたら、ってことだよね・・・)

●クリスティン・ウィリアムズ/ケンブリッジ大学図書館司書
「ケンブリッジ日本語コレクション」
・2016年からケンブリッジ大学図書館勤務。それまではボストン、ハーバード大学等。
・丸井グループの青井氏寄贈による青井パビリオンが本巻にある。
・本館青井パビリオンのほかに、アジア中近東学部図書館にも日本語資料あり(学部生用?)
・アジア中近東学部図書館の司書は、電子ジャーナル・データベースのリンク集を編纂。(webサイト「e-resource for Japanese Studies」)
・ケンブリッジ大学の本館には、日本文学の英訳と英語で書かれた日本研究書が、”納本”で収集される。
・今年の9月から学内ディカバリーシステムで日本語も検索可能になった。

●テロ・サロマ/北海道大学ヘルシンキ事務所副所長
・美術品だけでなく、美術品のストーリーに興味がある。
・ラムスデットコレクション(<e>要調査)
・「Tracing for uncatalogued Japanese artifacts in Finland」
http://eajrs.net/sites/default/files/uploads/salomaa_tero_16.pdf
・フィンランドにある日本美術品の所在、経緯履歴をまとめてデータベース化したい。その実現に向けて、今回のJAL研修でコネクションができた。

●ヴァレンティナ・フォルミサノ/ラファエレ・セレンターノ・アートギャラリー(ソレント)のキュレーター
・ナポリ東洋大学で日本近現代美術を専攻(イタリアの未来派芸術運動の日本への影響)
・東郷青児に関する新聞記事や雑誌等、イタリアの市立図書館にある資料で、日本とイタリアの芸術運動に関する関係がわかる。
・大原美術館に神原泰文庫として神原泰の資料あり。大原美術館の未来派に関する資料の収集について。
・2016年より現職。このアートギャラリーは日本美術の専門機関ではないが、今後は日本美術関連イベントを催して、日本文化交流につなげたい。

●グッド長橋広行/ピッツバーグ大学図書館司書
「ピッツバーグ大学図書館の日本美術コレクション」
・Barry Rosensteel Japanese Print Collection。
・デジタル化して公開したが、重複(日本公開済み)があとからみつかった。デジタル化作業が重複しないよう、日米での協力体制が必要。

●ウェイン・アンドリュー・クロザース/オーストラリア国立ビクトリア美術館(NGV) キュレーター
・NGV設立(1861)後まもなく、1880・1888にメルボルンで万博が開かれ、その日本美術展をきっかけとして収集が始まる。
・Hokusai Manga Multimedia。若い人にも人気な北斎漫画をデジタル化してタッチスクリーンで自由に閲覧できるようにした。
・タブレットで鎧(若い人に人気)を、360度+拡大+Xレイで見ることができる。
・2017年7月北斎展の予定。その後、大正昭和のモダニズム作品を収集・展示する予定。

●ゲルガナ・ペトコヴァ/ソフィア大学日本現代文化研究センター所長・准教授
・ソフィア大学は1888年創立。日本学専攻は1990年設立、修士博士課程まであり。
・美術品のコレクションはブルガリア国内には少ない。認知度も低い。が、日本文化への関心は高い。最近はポップカルチャーが人気。ソフィア大学の日本学専攻への希望者は150人いて、うち26人が入学できた。(<e>なんという高倍率)
・ソフィア大学現代日本研究センター、2016年に設立。
バルカン半島日本語サマーキャンプを、JF支援で、ソフィア大学が主催。バルカン半島地域の日本語を学ぶ学生たちが集まり、交流。
・2014年、ブルガリアの国立民族学博物館で日本学科との協力で日本関係の展示がおこなわれた。
・2014年から、子どもへの日本文化クラスが日本学科の協力で実施されている。
・伊勢物語翻訳プロジェクト。
・これらのプロジェクトをセンターでおこなうにあたって、もっとも重要なエネルギー源は、資金ではなくて、学生の熱意です。次の世代を育てることが重要。

●アウローラ・カネパーリ/国立キヨッソーネ日本美術館
・National Civil ServiceによるVolunteers。(<e>詳しく知りたい)
・イタリアにおける日本美術コレクションとしては最大。
・1年間のプロジェクトとして、ミュージアムコレクションのプロモーション。ガイドツアー、ギャラリートーク、子どもワークショップ。企画展の準備。
・International Digital Archiving Project (2016.8)


-----------------------------------------------------
●基調講演(フォクシェネアヌ・アンカ/ブカレスト大学教授)
「東欧における日本研究の情報・資料収集の問題 : 博士課程の事例を中心に」

・2016年11月日本語学科の学部3年生、修士、約30人を対象にアンケート調査。
・授業の調べ物は? インターネットが2/3、図書室が1/3
何語の資料を使う? 英語が2/3、一番手に入りやすい。ルーマニア語が1/3。日本語は1/6。
・困っていることは? ほぼ全員が「資料が手に入らない、足りない」。ルーマニアの中ではまず手に入らない。手にとって調べるということがまずできない、司書を通してリクエストして始めて手に取れる。新しい本がない。日本語原書がない、英訳しかない。逆に、ルーマニア語翻訳がない。買うと非常に高い。どれも大きな問題。

・東欧の日本研究概観
・2000年以降、修士・博士課程が整備されるようになってきた。
・ただしPhDのための指導者が足りない。(博士学位取得のためには、日本に行く?)
・資料が足りない。←→研究分野が限られる、という悪循環
・国を越えてコミュニティに参加すること(会議、協会への参加など)をあまりしていない。
・東欧でメジャーな研究分野は、日本語・言語学、文学・文学史、歴史・文化史。一部に、美術・芸術、宗教・思想、その他。経済や現代社会、ポップカルチャーはまだ少ない存在っぽい。
・スロベニアに、比較図書館学史(日本)という分野の講座があるらしい。(<e>要調査)
・メジャーな研究分野が、指導教官を左右し、博士課程学生のトピックを限定することになる。

・資料入手の問題。
・英語が中心で一番多い。日本語の資料は少ない。母国語も少ない。
・一般向けの本が多く、専門分野・学術書は少ない。
・日本について書かれている本も少なく、それが学問的なものはもっとすくない。なので、日本関連書を扱う本屋(Takumi)の品揃えも大学で学ぶ者の役に立つわけではない。
・図書館には、古い本しかない。
・日本大使館、JFブダペスト、大学内の日本語学科の小さい図書室、日本文化協会のようなところの図書室、などにあるという感じ。(大学学習向けとは限らない)
・ブルガリア人はロシア語ができるので、ロシア語の日本関係図書を使うことができる、というアドバンテージがある。

・司書の待遇・ステータスが低い。
・日本語学科の教員が図書室の管理をする。
・ヨーロッパ美術の専門家であるキュレーターが、片手間に日本美術を扱う。
・資金が問題。
・資金があっても買った本を置く場所がない。(スペースの問題)
・収書のための参考ツールがない(カタログ等)
・東欧の若い人たちのための研修(日本に行きたくても行きにくいので、東欧での実施を望む)

-----------------------------------------------------
●●グループ・プレゼン「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言」

●グッド・ピーターセン・ボスコロ班
「日本から海外へ : 日本におけるデジタル化資料をいかにして外国人研究者に伝えるか」

・Googleからたどり着けるデータベースであってほしい。
・日本語以外のGoogleからアクセスが困難なものがある。(<e>? 要確認)

・英語・ローマ字での検索・表示が必須。それができないため日本資料の可視性が低い。全文・完全な英語化は無理でも、英文のアブストラクト・メタデータがほしい
・これらは他分野・他地域の(日本が専門ではない)研究者に有益。
・国文研の歴史的典籍事業では、英語あるいはローマ字での検索精度の向上やデータベースの多言語化について取り組まれている。(<e>要確認)
・CiNiiではローマ字/英語で検索ができる。(注:CiNii Articlesの英語画面でこの説明がされたが、これはレコード内にローマ字・英語データが含まれているものがヒットしていると思われる。CiNii Booksには「ローマ字をカナに変換」機能がある。)
西洋の研究者たちがよく利用する日本美術のデジタルアーカイブは、例えばニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンの大英博物館による日本美術作品のデジタルアーカイブ。海外の機関だから日本に比べて情報量は貧弱だが、それでも、日本語が読めない研究者にとって使いやすいデジタルアーカイブは、海外発のほう。
・例:Ukiyo-e.org なども非常に利用度が高い。日本からは江戸東京博物館、早稲田大学演劇博物館、立命館大学等が参加。(<e>正直、江上自身も浮世絵でまず使うのはUkiyo-e.orgのほう。こっちのがよっぽど探せる。)

・内部のみ・館内のみ公開のデータベースは困る。せめてメタデータだけでもいいからオープンアクセスにしてほしい。これについては、日本のユーザだって困るはず。
・統合検索システム(主要なポータル)が必要。散在しているDBの統合検索により効率よい検索ができるように。また、小規模な機関(自前でオープン化しがたい)の資料の可視化を高めることもできる。

・ICOM2019京都は日本のデジタルアーカイブを海外にプロモーションするいいきっかけになるのでは。こういうところで積極的に情報発信してほしい。
・AAS、CEAL、EAJRS、EAJSなどの国際会議に参加して、ブースで広報したり、ワークショップやパネルを開くなどしてほしい。(国文研は古典籍事業の説明会を複数回設けてくれた)
・AASなら、グッドさんが申請書の作成からお手伝いしてくれるそうです。


●サロマ・ペトコヴァ・フォルミサノ班
「アートは世界の遺産」

・海外の研究者も、日本の美術と図書館のデータベースにアクセスする必要がある。特に、大学に所属していない個人研究者はアクセスが難しい。
・海外からの資料・情報へのアクセスについて、韓国・中国は協力的。
・Korean Foundation(韓国国際交流財団)は、海外図書館でも韓国のデータベースや資料にアクセスできるよう経済的援助をおこなっている。(<e>詳しく知りたい)。
・ロンドン大学SOASのwebサイトに掲載されている、利用できる契約ものデータベースのリストを比べると、中国のデータベースと日本のデータベースではそのリストに約3倍の開きがある。
・著作権切れ資料はオープンアクセス化を。全文が無理でもメタデータ、アブストラクトの公開、またはリンクによる情報提供を。

もっと日本人研究者と直接コンタクトを持つ機会やネットワークが欲しい
・現在の研究は”共同研究”が重要。
研究者情報、研究者の著作・研究成果に関する情報。国際的プロジェクト、ワークショップに関する情報。日本にある美術作品の所在や展示のためのスポンサーに関する情報。これらが、オープンにかつ英語で探しやすくあってほしい。

将来への展開としての、若い世代へのアプローチ
・デジタル・ネイティブな若い世代は、スマホで日本資料にアクセスできないと、日本研究から離れてしまう(中国・韓国研究や、サブカルチャーへ転向)
・(スマホ対応という意味では)アプリでの発信も重要。くずし字アプリのようなものについて、美術品や美術文献アプリもあるとよい。
・立命館ARCでは学生をプロジェクトに参加させている。

・プラットフォームを集約してほしい。各機関のデータベースが散在していてバラバラで、様子がわからない。
・複雑なインタフェースの使用はユーザをあきらめさせる。ユーザフレンドリーなインタフェースにすれば、海外にも普及する。
・例:Tokyo Art Beat は、ポータルサイトとしての機能を持つ。

・フィードバックは大事。2015年のJALプロジェクトでのコメントがきっかけで、奈良国立博物館仏教美術資料研究センターのインターフェースが改善された、とのこと。(<e>要確認)

・Kahlil Gibran ハリール・ジブラーンの詩
 「On Children」(子どもについて)
 「あなたの子どもはあなたの子どもではない。
 子どもは「生命の渇望」の子どもである。
 子どもはあなたを通ってくるのであって あなたからくるのではない。
 子どもはあなたと共にあるが 子どもはあなたのものではない。」


●ウィリアムズ・カネパーリ・クロザース班
「日本の文化資源を広めるための協力」

・多くの研究機関のデータベースがまとめて検索できるようになってほしい。個別に検索しなければならない現状では、日本語ネイティブではない海外ユーザには壁になる。
・人間文化研究機構のnihuINT、NDLサーチなどのコンセプトがよいが、集約し切れていないので改善の余地あり。
・例えばケンブリッジ大学など海外の機関で日本資料のデジタル画像を公開しているが、日本のユーザは日本資料を探すために海外サイトを見ることはないだろう。ポータルサイトがあれば、その可視化も可能になる。
・そのために必要なのは、海外との連携・協力(例:メタデータの標準化など)。
・敷地内/来館者のみ、国内のみ、という問題。海外からもアクセス可能にしてください。

・日本語を知らないが、日本資料・情報を求めるユーザは、日本を世界に伝える架け橋になる。
・英語/ローマ字による検索・表示。ローマ字と英語の両方の表記があれば、日本語の苦手なユーザも、有用なキーワードが何かをさらに学ぶことができる。
・サムネイル画像の重要性。本や論文の表紙、画像そのもののサムネイル画像。これがあれば、日本語ができるできないにかかわらず、検索がスピーディーになる。
・<e>サムネイル画像は、羅列された情報を直感的/瞬間的に評価できるという意味で、日本人にも効果大。

・今回のJALプロジェクトでの研修が、学生時代にほしかった。若い学生にもニーズがあると思う。日本から海外に出向いてこのような研修を実施しに行ってみてはどうか。

・文化政策による公的資金は、どの国でも不足/削減の傾向にある。
・私企業や個人からの資金調達が必要になる。
・資料収集や、デジタル化事業について、私企業等からの資金調達を検討すべきだろう。


-----------------------------------------------------
●ディスカッション
・内閣府知的財産本部による、デジタルアーカイブのポータルの実現についての検討が進行中。
・国立博物館の統合検索システムも開発中。
・有料のe-resourceは情報がよく届くが、フリーのそれについて情報が来ない、という問題がある。
・学生になぜ日本語を勉強をしているのかを聞くと、就職とかそういうことではなく、文化を知ることで人間として豊かになれるから、という強い動機がある。日本に興味を持ってくれた学生を失いたくないんだ、と。
・解決に時間がかかるのはわかるが、一方で、特に若い世代の人々は自分の将来のことを考えると、そんなに何年も待ってはいられない。環境整備に時間がかかると見ると、あきらめざるを得ない。待たせるだけでなく、当座の対応やつなぎでもいいから、”速さ”も必要ではないか。
・その方法のひとつとして、JALプロジェクト受講生・関係者・来場者によるメーリングリストをつくって、情報交換をするのはどうか。
実行委員会で、提言内容の実施に向けての働きかけまでをするべきでは。
・日本でポータルができないのは、著作権のせいではないですよね、著作権ならイギリスのほうがもっと厳しいはずです。
・電子版でジャーナルを刊行してほしい。世界に共有してほしい。
・若い世代はネットの情報を頼りにしている。ところが(ディスカバリーシステムに限らず)ネットで日本情報を検索しても、中国のサイトがヒットする。たくさんヒットしてくれれば若い人に情報が届くようになる。
posted by egamiday3 at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

デジタルは持たぬが閲覧の役に立つ : 「文化資源のデジタルデータ流通に突きつけられた課題--国文学研究資料館のオープンデータ公開と永崎研宣氏による公開から考える」を読んだメモ


 ↓こちらの記事を拝読して、考えたこと、思ったことのメモ。
 メモなんで、いつも通り粗雑な思いつきレベルで、結論も特にないです。過度な期待はしないでください。

・笠間書院 kasamashoin ONLINE:文化資源のデジタルデータ流通に突きつけられた課題 ―国文学研究資料館のオープンデータ公開と永崎研宣氏による公開から考える[後藤 真(国立歴史民俗博物館 研究部准教授)]
 http://kasamashoin.jp/2016/11/post_3796.html

 一読してわかんなかったところは、↓過去の経緯をさかのぼって再読しました。知らぬは一時の恥だが参考文献リンクは役に立つ。

・「電子資料館から公開している画像データのうち、原資料の所蔵先が国文学研究資料館のものについては、「CC BY-SA 4.0 国際ライセンス」の条件で提供しています。」(2016年10月11日)
 国文学研究資料館 日本古典籍総合目録データベース  http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/
・Mirador 2.1 (IIIF対応ビューワ)リリース&日本の古典籍が登載! - digitalnagasakiのブログ
 http://digitalnagasaki.hatenablog.com/entry/2016/09/17/034714
・笠間書院 kasamashoin ONLINE:永ア研宣氏が、国文学研究資料館の館蔵和古書画像19451点の古典籍をIIIF対応に。Mirador 2.1 (IIIF対応ビューワ)をダウンロードして、それで見ると、従来より格段に見やすくなり非常に便利です!!!
 http://kasamashoin.jp/2016/10/post_3782.html

 そしてtwitter界隈のその後の反応がこちらにまとまっているという感じ。

・「文化資源のデジタルデータ流通に突きつけられた課題―国文学研究資料館のオープンデータ公開と永崎研宣氏による公開から考える」(後藤真・国立歴史民俗博物館)に寄せられた関連ツイートまとめ - Togetterまとめ
 http://togetter.com/li/1044603


 以上をふまえて、以下個人的につれづれに考えたこと。 

 一読して、まったくおっしゃる通りです、という感想。
 そして、いままでやってきたこととそんなに変わんないかな、という印象です。

 ごくごく端的にまとめると、
 文化資源「オープンになった!」
→外の人「デジタルは自分で持たぬが閲覧の役に立つブラウザつくった!」
→ユーザ「こっちのが見やすい!」
→所蔵元「あ・・・」
 の、「あ・・・」の部分を社会全体から引きの画で見てどう考えるか、かなっていう。

 ただ、IT(死語?)に弱い自分から見ると、どっちのインタフェースにたどりつくのも使い慣れるのも、結局慣れが必要な感じなので、あんま違いはないかな、という気はしました。気だけなんで、違うのが出ればまたころっと印象かわるんでしょうけど。そういった意味では、ITに弱い人のために所蔵元が、アクセスだけじゃなく閲覧環境も提供する、っていうのはいるよなと。

 で、その「あ・・・」の部分なんですけど、まとめで危惧の声もあってそれもある意味わかるんですけど、このブログは図書館馬鹿のブログなので図書館の話で言うと、紙の本の所蔵と提供についてはすでにそういうことをやってるわけですよね。
 これはどんな種類の図書館であろうとまたは大学共同利用機関であろうと、本・資料を共有してもらうために一時的にお預かりして提供している、という点ではいっしょだと思うんですけど、最終的に共有してもらうのが目的なんで、がんばってそれに専心してるっていうところはありますよね。大学共同利用機関の図書館として言えばそれは”相互利用”・ILLになるんじゃないかな、来館利用もそうなんだけど、やっぱ図書館間貸出の方法のほうが現実的じゃないですかね。うちとこの貸出件数をNACSIS-ILLで見ると、27年度が年間680件で第26位か、京大さん早稲田さんみたいな蔵書は持てないにしても共同利用機関としてはもうちょっとリクエストされたいですね、蔵書は少ないが役に立つって思われたい。うちとこみたいな辺鄙な山奥図書館は直接サービスに不向きなこと極まりない以上、どう共有してもらいますかというとどうしてもそうなります。
 そんな中で、現物貸出ができない古典籍の類については、デジタルでオープンでオンラインでヤフー!な感じにしていきましょうっていう流れなんだったら、じゃあそれは紙の本混じりで考えたらいままでやってたこととそんなに変わんないかなという。(なんでデジタルのあり方のことを紙混じりで考えてんだ、って思われるかもしんないけど、紙かデジタルかのメディアのちがいなんてそれこそ長い目で見れば誤差かなんかでしかないし)

 例えばわざわざよそさんに貸し出すっていうのは、自館に来てもらって自館内の閲覧机で物理的時間的環境的制約がある中でのみ使ってもらうのが不便だし忍びないから、っていうふうに考えたら、デジタルをオープンに公開するのは、自サイト内に来てもらうだけでは不便だし忍びないから、ってことにつながると思うんですけど、でもそれは決して、自館に来てもらうことを投げてるわけでも否定してるわけでもないです、実際、来館して現地で利用した方が都合がいいというような人は、遠隔地からでもわざわざおいでになりますから、それはそれでどうぞ、どうぞどうぞ、という感じです。
 それは普通の図書館さんでも同じだと思います、所蔵図書を、館内で読みたい人は読んでもらう、そのための机も環境もある程度はコストをかけて用意します、場所の維持はお金かかりますけどそれでもだいたいの図書館さんはやってる、でもそれも完全じゃないし、おうちや通勤電車内で読みたい人は借りてってもらったらいい、自宅で好きなようにマッシュアップしてくだすったらいい、それは自館から遠く離れますけど別にいいじゃんという感じで。大学における”図書館内での”ラーニングコモンズの整備なんかは、その逆走にあたる活動なのかなと思うんですけど、結局全学生が全時間ラーニングコモンズ使えるだけのリソースが館内にあるわけでもないので、やっぱり、どうぞ使いやすいところに持ってって使ってください、って資料を放出しているという意味では、永崎さんのやってることといっしょかなって思いました。(ていうか、それが「いっしょ」に見えるくらい遠くからいま見てます)
 例えば、うちとこは創設時に「所内に展示施設を持たず展示活動をおこなわない」方針でいこうってなったそうなんですけど、でも、あちこちに所蔵資料(主に妖怪&春画)をあちこちに貸し渡して展示施設に置いて展示してもらう、っていうことをしてますので、それもものすごくざっくりまとめれば似たようなもんだなと。

 ただ、古典籍資料の類のデジタルでオープンな公開のほうに目を戻したときに、その手の資料って、資料そのものやそのコンテンツだけではなくて、「現在の所在」もその資料の属性情報・来歴情報としてすごく重要で、それによって個体の識別とかをするわけなんで、いくらオープンに公開流通複製ばらまきされるとしたとしても所蔵機関情報はがっつりかつ正確に記されててもらわないとなって思います。後追いができないと意味がないので。
 で、それがちゃんと出てたら、結果として”存在感”はついてくる、かな、どうかな、そう願いたいという感じですが。
 ILL現物貸出でも、資料1点1点を相手一人一人に貸してる時には、それがうちとこ所蔵のものかどうかなんて借りたご本人には何の意味もないだろうし伝わってもないだろうなと思うんですけど、それが、年間でトータルこれだけとか、引きの画で見るたときに、あ、あのなんとかいう山奥図書館さんはこういった類のをちゃんと持っててちゃんと提供してんだね、ってのが可視化されるといいんだけどなあ、どうかなあ。そのあたりは”国文”とか”京都”みたいにキャッチーなワードが機関名に入ってないとなかなかわかりやすい”気付き”は世の中から得られないかもしれない。
 でもだったらその”気付き”がほしいんだったら、別の広報活動なりなんなりで相手の背中バンバン叩いて振り返ってもらうことでやらなきゃしょうがなくて、それは天の岩戸みたいにして気を引くのとはちがいますね。

 ふだんTwitterで「寄席に行く」みたいにしょっちゅう言ってたら「egamidayさんは落語の修行もしてるのか」みたいに問われて慌てて否定したんですけど、要は、司書/司書教諭の科目で教壇に立つコーギ活動を「寄席」って言ってるだけなんですけど、その寄席で、黒板にこういうのを書いて、
 【情報・思想---コンテンツ・著作---本・メディア---図書館---司書---サービス---ユーザ---社会】
 ユーザが必要としてるのは情報・思想やそのコンテンツ・著作のほうであって、図書館やサービスそのものを目的としてるわけじゃないから、「本・メディア」だけじゃなく「図書館--司書--サービス」のとこまでひっくるめてメディア(なかだち)なんだって、そのメディア部分をいかに短縮するか&保証するか、っていう考え方について、その寄席の演目が情報メディアの活用だったんでそういう噺をしたんですけど、そういう意味では、オープンにしたデータだろうがブラウザだろうが結果メディアでしかないし、そのひとつの所蔵機関が評判を得るとか存在感を保つというのも畢竟メディアの一ありさま、メディアとしての本務をまっとうするための一ステップであり、一ステップでしかないと言えばない。
 ないんだけど、ただ、世知辛いというかまあいまどきはそうだよなっていうのが、いまのご時世、時代の趨勢要請でいくと、その一ステップがとてつもなくでかくて否応無しに生殺与奪をあれしてくるみたいになってるので、懸念していかなきゃいけない。ってなったときに、オープンにした"だけ"では「スマッシュヒット」という便利な言葉で得られるくらいのものしか得られないだろうなので、それ以外の棒でも背中バンバン叩いてかなきゃしょうがないな。なんせ、オープンもIIIFもメディアでしかないんだったらそれは唯一解でも絶対解でもない、それ以外の棒を古いのでも新しいのでも振り回してかなきゃな、っていう。

 本当は「その棒とはなんだ」が主問題だと思うんですけど、それはもっともっと長期的な目で探したいなと思うので、とりあえずはそういうところまで考えました、っていうメモです。メモですって言って、逃げます。逃げるは(略)

posted by egamiday3 at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

201609eu・ブカレストの想い出メモ

 201609eu、ブカレストへ行ってきましたのメモ。
 食の想い出が大半を占めているのは、それ以外に旅情らしい旅情がほとんどなかったパターンだから。


●9/12-13 往路
・9/12-13、移動からのインにイン。
・今回は、欧州向かい便が夜行になる初のパターンで、夜に羽田を出て早朝にパリに着く。一見よさそうに見えて、要は伊丹行ったり羽田で待ったりパリで待ったりと無駄な時間が6-7時間増えるだけなので、次からは極力やりたくないです・・・。
・しかも伊丹→羽田間という国内移動がやっぱりいつまでたっても慣れない。ペットボトル持ち込んでもいいの?っていうのをググるくらいに不慣れ。これが関空だったらもうちょちょいですっと搭乗できるのに。さらに羽田で降りてパリ行きに乗るのに、さっぱり要領を得なくて、歩き回り聞き回りした結果なんと一回外に出なあかんということに戸惑う。おまけに羽田の国際線ターミナルにはセキュリティの内側にスタバのないことが判明。せっかく水筒持ってきたのに・・・関空が懐かしい・・・。
・なんだかんだでパリ空港。こんな朝日の中で、2時間くらい仕事メール対応してた。http://pic.twitter.com/wqNcTWZdyV
・ブカレスト向かいの便から地上を眺めたら、あきらかに氷河浸食的な地形が見事だったけど、あれって場所的にどのあたりだったんだろう。
・それにしても日射しが京都並みに暑いので、フロントのおねえさんに「今日はこれ暑いのそれともいつもこんな感じなの?」と尋ねたら、珍妙な顔で「いい天気だと思う」みたいなこと言うてはったけど、あとでいろいろ聞いたらどうやらこの日は、昨日までに比べてやっと涼しくなってきた、というレベルだったらしい。ルーマニア半端ないなと思った。そういえばルーマニアってチャウシェスク映像で寒そうなところしか見てなかった。
・町に出て歩いていたら、夕暮れ青空ミュージカル映画上映イベント、みたいのをやってて、平和な町じゃないですかね、って思た。 http://pic.twitter.com/KVcOg3KOAg
・この日は旧市街のH&Mで衣類の買い増し、古道具市の開かれている建物を見つけて立ち寄る(後日談、実はそこが旧・国立図書館だったとのこと)、おしゃれ本屋をチェック、スタバをニアミス、という感じ。
・おしゃれ本屋はCrtureti Carusel と言って、雑貨や文具、食器・茶器、ワインなどを一緒に売ってる、建築内装もいい感じの本屋。これは京都にもあるべき! http://pic.twitter.com/0VUpCZ8LKQ

●滞在中
・9/14。EAJRS1日目、ブース設営、大急ぎランチ、ギャラリー見学、レセプション、友人たちと旧市街へ食事、という感じ。
・9/15。EAJRS2日目、ブース、パブランチ、国立図書館で浮世絵見学、旧市街でトラディショナルディナー、サラマンカの悪夢再来、みたいな感じ。
・9/16。EAJRS3日目、ワークショップ、ベトナムランチ、ルーマニア料理、という感じ。
・9/17。EAJRS4日目、大塚先生の発表、総会、イタリア料理ランチ、エクスカーションで大統領パレス、農村博物館、チャウシェスク宮殿、やっぱり旧市街でルーマニア料理、という感じ。

●9/18-19 復路
・9/18-19、帰国日。早朝のタクシー、ブカレスト空港、新装開店のアムステルダム空港、ふつうに関空。
・帰路の思い出は、すっかりきれいになったアムステルダム空港と、KLM機内の壁の模様。旅をする人たちを真上から眺めたような図?? http://pic.twitter.com/REoObUfVtu

●EAJRS2016ブカレスト大会
http://pic.twitter.com/fuH8Z8aw6F http://pic.twitter.com/0Bixmzduya
・上を向いて歩こう。
・いつもと違って、東欧・北欧からたくさん来てはった。良いと思います。
・で、そうなるとやっぱり、ライブラリアンというよりは研究者が来てはる、ということになるので、図書館・ライブラリアンに向けての、に限っててはあかんだろうということになる。という認識をあらたにする。
・ワークショップの来客は、資料収集相談、OPAC・なぜかタグ機能が人気、ILL議論、やっぱり妖怪、という感じ。
・エクスカーションでいろいろトラブってたので、コーディネータの負担が大きいの課題じゃないかな、というのは、EAJRSに限らずどんなイベントごとでも抱く感想。
・ライデンのライブラリアンがところどころでストリーミングしてたけど、あれって個人ベース活動だったんだろうか?

・発表時や司会トーク時に、たびたび、「我々に関係の深いNBK」とか「NBKについてはもう多くを言うまでもないでしょう」みたいに言ってもらえてたのが、うれしかったです。まだまだちゃんとがんばります。
・慶應のメディアセンターによる海外人事交流というか在外研修派遣について報告があったときに、オックスフォードのライブラリアンが、「日本からの在外研修を受け入れることで、海外日本研究の味方が日本に増えてくれる。お礼を言いたい」みたいなことを言ってたので、ほんまそのとおりだなあと思たです。
・資料保存のセッションでは、やはり千差万別な相談質問が続出してやまない。資料保存と著作権で質疑応答やるとどうしてもそういうことになるなあと思う。
・立命の人の発表で、HathiTrustやProQuestのデジタルアーカイブ化で何が起こったかというと、これまで日本の研究者が使わなかったような、日本古典の海外翻訳/翻案作品なんてのがあっさり流通し活用が容易になった、というような話があって、デジタルアーカイブってどんな変化が起こるかわかんないところが、ボヤボヤできないよな、っと思たです。
・そして、NBKの先生の研究発表は、これまで以上にフロアから多くの質問やコメントが飛び出し、議論に発展したような感じにもなり、かなり盛り上がってよかったなという感じ。
・EAJRSにしろCEALにしろ、AASもそれが京都開催のものだって、心地よさを覚えることの最たるのは、国も分野も組織も業種職種も職位的なのをこえて、みなフラットに、議論したり発言したり情報共有したり駄弁ったりお酒呑んで食べてはしゃぎあったりできること。(英語力だけが高い壁)
・【重要】来年のEAJRSは、2017年9月13日から16日まで、オスロ大学にて。

●宿所
・キッチン付きの宿。調味料がないのは仕方ないとして、食器や調理器具があっても洗剤やスポンジもないし布巾もないのはどういうことだ、と思いながら、フェイスタオルを使って「布でお湯洗いすることで油汚れを落とす」パターンの技を駆使してたら、3日目くらいから布巾が置かれるようになったというw
・キッチン付きの何がいいって、朝からやる気の出るものを夜が明ける前からでもがっつり食べられる(例:常備菜的に作ったナスとパプリカとベーコンのトマト煮詰めに、スライスチーズと食べ残しのポテトフライをのせて、レンジでチンしたの)し、昼夜の外食がはずれでも最悪部屋に戻ればいいと思いきれるから、一日の活動がすごく捗るんですよね。

●食
・パリ空港の売店に、鮭の混ぜ味ごはん弁当みたいなのがあって、気になっていただいてみた。混ぜごはんとしてもまあまあ美味かったし、なんかへんなプチプチが混ざってたのが意外と悪くはなかった。プチプチは、クスクスかな?と思ったけど、後から人に聞いたらなんかそういう”スーパーフード”的な流行りものの食材があるらしいので、それかなっていう。パクチーと、お好みでのコリアンチリソースがいい。
・ブカレストのチェーンスーパー、MEGA IMAGE。ホテルのフロントで聞いたら「メガ・イマージュ」というので、ああやっぱりラテン系なんだな(?)と思った。
・スーパーで買い物。魚は少ない。野菜はでかい。値段は日本感覚より薄く安いのと、どえらく安いのがあるな、という感じ。PBのマスタードひと壺が20円とか。炭酸水1リットル10円とか。
・スーパーでなんとなくナス買ったけど、前の晩のトラディショナルディナーで、ナス料理3皿出て、さすがに翌日食べる気にはならなかったという。
・調理用のトマトソースで、トマトと、たぶん松の実的なのがペーストになってて、その他ニンニクその他で味付けしてあるやつが、すごくはかどって使い勝手よかった。あれ日常的にほしい、けど、日本だとだいぶお高いんでしょうね・・・。
・スーパーで200円くらいで買った小ぶりのソイソースが、ジャンクに薄甘い味付けがしてあって、ちょっと笑ったけどあれたまに普段使いするにはいいかもって思った。豚バラの素焼きにちょちょって付けて食べるの。持って帰れないのがもったいなかった。

・宿の近くにアイリッシュパブがあって、名前がブラム・ストーカー、壁画がブラド・ツェペシュ、ルーマニアビールを呑ませる、アイリッシュパブ、ってできすぎてませんか?
・ルーマニアのビール「Ursus」という銘柄のがあるんだけど、複数種類いただいたけど、あまり、これはっ、ていう感じのはなかった。ただ、最終夜の店にはUnfilteredのドラフトがあってそれはばっちり美味かった。次があればこれからスタートで。

・昼食がなかなか難しかった。ルーマニア料理の特急ランチで冷めた肉とか、パブランチで鶏と野菜の中華風甘辛照り炒めジャスミンライス付きでこれは美味しかったけどすげえ時間がかかったとか。たぶん、昼食は時間に余裕をもってないとちゃんとしたものはとれないんだと思う。
・よく、昼食に時間をかける、っていう習慣あるじゃないですか。あれって、”かける”というよりは”かかる”なんだろうな、とやっとわかった気がする。
・昼食で、いつもは参加者となんとなく連れだって行くのを、ふわっと抜け出してベトナム料理のファーストフード的な町の小店に行ってみた。豚の角煮丼的なの。軽食でも、米を肉で食う料理でなく、とにかく肉を食うのに米が寄り添ってる、くらいの肉食い料理だったなという感じ。そういう感じになるので、欧米でアジアフードいただくの、好き。それで食後におーいお茶濃いめとか欲しくなるけど、ないじゃないですか、それでスーパーでノンアルコールビールあったりするじゃないですか。

・トラディショナルディナーは予約困難なルーマニア料理の名店らしく、店の作りが珍しくゴシックで建築的に興味のある感じ。料理は、1皿目が茄子のペーストと豆のペーストをパンにつけて食べる。2皿目が茄子のトマト煮をパンにつけて食べる。3皿目がひき肉の俵型ソーセージ風ハンバーグで、ルーマニア料理の有名なの、これはビールに合う美味いなんだけど、付け合わせがでっかい茄子とズッキーニの輪切りを油で焼いたの。デザートが馬鹿でかい揚げドーナツのクリーム&シロップ添え(パパナシ)、ひとり一皿。茄子、茄子、茄子、高カロリー、ていう感じ。
http://pic.twitter.com/IETBn0a8zg  http://pic.twitter.com/IdTgtdBblk http://pic.twitter.com/Q9F3DDCcIl
・最終夜の食事会で、ルーマニア料理の中でもぜひ試しておきたかったという、トリッパ(牛の胃)のサワークリームスープ的なの。  http://pic.twitter.com/UmhS6WjCLu トリッパはまあまあ臭みが取れててよかったんだけど、スープもトリッパも塩気が致命的に足りない(注:日本人基準で)のと、そもそも自分はサワークリームのスープのようなものが好きではない(おいw)のとで、結果、トリッパだけ引き揚げて塩胡椒をまぶして食べるという行儀の悪さを露呈した。これがトマトベースならとも思ったんだけど、それだともう完全なイタリア料理やな。
・古代ローマからの血をひく土地柄だから、イタリア料理屋は美味くなきゃいけないという誇りと自負みたいなのを持ってるので、イタリア料理屋は美味い、みたいな噂話を聞いた。まあ、ルーマニア料理全般がイタリア料理寄りっぽい。
・これもルーマニア定番の、ひき肉の俵型ソーセージ風ハンバーグは、まあ、そりゃ美味かろう、という感じ。日本でもフツーに居酒屋料理に採用したらいいのになって。

・最終日に冷蔵庫片付けるからと言って、残ったパスタ(フェトチーネ)と、残った豚バラと、日本から持ってきたシジミ味噌汁パックを使って、即席の”豚汁ほうとう”みたいなのを作ったら、欲望のリミットがはじけるくらい美味かった。
・ルーマニア空港で売ってたお土産菓子で、ルーマニアのを選んで買おうとすると、いつのまにかトルコ菓子を選ぶようになる感じだった。トルコ+イタリア→ルーマニア?
・そういえば、EAJRS会場のコーヒーブレイクのケーキが、結構人気だったし、確かに美味かった。お菓子には吉な土地柄?
・そういえばそういえば、トラディショナルディナーの最後に、ひとり一皿、馬鹿でかい揚げドーナツのクリーム&シロップ添え(パパナシ)が出てて、この時間帯にこのカロリー摂取するの絶対アウトだろうという殺人的な、でもペロッといっちゃったやつがあったけど、やっぱりお菓子には吉な土地柄か?
・結局ブカレストでスターバックスに行けてなかった。一番の心残りではある。いつでも行けるような店に見えても、行けるタイミングがあるときに行っとかないと、行きそびれるもんだな、っと思った。
・あとスキポールの売店に売ってたカップうどんは韓国商品だったので、がんばれニッポンと思った。

●その他買った物
・気候が夏場の京都とかわらないくらいで、思った以上に汗をかなりかくので、急遽H&Mで服を買う。Tシャツ500円、ワイシャツ1500円。やっぱり安め。何かを買うのに躊躇しなくてちゃちゃっと買える、っていうような物価だなという感じ。ただしワイシャツは、ヨーロッパ体型向けらしく、腕が長くて肩幅が長くて胸囲がきつい、ちんちくりんさ加減。
・ルーマニアダンサーの民族衣装人形。目がかわいいので買った。

●持っていったもの
・おーいお茶の顆粒が想像以上によかった。水に溶かしてお茶になるやつ。でも、冷ませばいいなら普通にお茶持っていっていいよなたぶん。
・機内用歯ブラシ

●観光
・大統領パレス。欧州観光っぽい感じの。オリエンタルルームのロフトで入れない場所に、日本の役者絵的な刷り物が飾ってあったのを、参加者一同が興味津々だったのがハイライトか。
・このパレスは中で写真を撮ろうとすると最初に5レイ(約125円)払わないといけないんだけど、自分的な感覚では当然のように払ってパシャパシャ撮るだろうというところを、ほとんどの人がスルーだったので、こんなところで少数派を思い知らされるとはちょっと思ってなかった。
・パレスの様子 http://pic.twitter.com/p2hYLBP12H  http://pic.twitter.com/zrwvFvAcvx http://pic.twitter.com/qSHHqmtbOf
・ちなみにこのパレス内に住むなら、お気に入りはマジでここ> http://pic.twitter.com/VQBKNDKoe2 http://pic.twitter.com/ObU0Wfhfvb
 ニューヨークのメトロポリタン美術館に展示してある、スイスの部屋、みたいになってる。
・時間が30分弱しかなかった農村博物館、実は今回のブカレスト行きで唯一かつ最高に食指が動かされまくってた行き先なんだけど、大急ぎ観光という後ろ髪な結果に。ただしその30分でも、その明治村的スピリッツと容赦ない建築物シャワーは存分に味わえたので、よかったです。もちろん写真撮りまくりツアーです。いまこうしてスマホの写真をパラパラと見返してるだけでも、胸がキュンキュンして顔がによによして、そして、むしろ明治村に行きたくなったです。 http://pic.twitter.com/DY3fTmWUbE http://pic.twitter.com/RsW55BYuT5
 http://pic.twitter.com/29Tar2m9ui
・チャウシェスク宮殿はね、確かにでかかったです、使い勝手悪そうという感想。あと巨大建築物特有の、鉛が胃に入ってくる感覚のやつ。そしてその前の通りが夜のホコ天みたいになってて、市民がきゃっきゃしてる感じだったので、平和って大事だな、と思たです。 http://pic.twitter.com/5jDnxnUiL7
・横にあった建築中の巨大教会。これは巨額税金援助で建てられてるために、反対推進の間でなかなか完成しないし、さらにはその巨大教会をチャウシェスク宮殿の横に建てちゃってさほど巨大にも見えないという、黒い笑い話があるらしい。
・これは「観光」かな。トラディショナルディナーの店は、トラディショナルなルーマニアダンスを見せる店でもあって、フロアで踊り出すのはいいんだけど、客を誘い巻き込むパターンのやつで、ええ、はいはい、巻き込まれに行きましたよ。サラマンカの再来。 https://t.co/UnrdrZnXOV

●町
・食事に行こうとすると、15分くらい旧市街まで歩くことになる、という土地柄。学生さんたちの行動パターンがそうなのかしら。確かに、ほしいところにほしいバスストップや地下鉄駅はないという感じで、滞在中に地下鉄1回乗ったきりで、バスはとうとう乗る機会がなかった、こういうのはなかなか珍しい。海外旅行名物・ICカードをお土産に持って帰る、もできなかったという。
・町を歩いていて目につく教会らしき建物の意匠が、自分がこれまでヨーロッパを旅行して見てきたようなそれと全然ちがうので、ああ、自分の見聞は狭い、狭まれすぎる、セバスチャンだと反省した模様。  http://pic.twitter.com/L9rBXYYAY0
・ブカレストをざっくり歩いて、街全体がちぐはぐに改装中なところ、という印象を受けた。ほっとかれてるところはずっとほっとかれたまま、これたぶん革命時期からずっとこの状態なんじゃないかなというような、崩れ壁とか空き地とか放置自動車みたいなのがある一方で、すぐ横の新規改装なところはパリかニューヨークかみたいにピンポイントですごく小洒落てて、原色やパステルカラーやガラスやLEDやで、それら両極端が全部ないまぜな感じ。
・まあでも総じて落書きばっかりだった。ここは一応メイン通りなんだろうなという通りでも、あちこちのテナントが閉ざされてる。
・タクシー@往路は、懇切丁寧にもブカレスト大学の学生さんがアテンドしてくださって、そこまでやるかってびっくりしたんだけど、まあ、パネルを操作して、レシート通りの車がやってきて、20分くらいでホテルに着いて、メーター通りの金額に最低限レベルのチップで、ふつーに終わった感じ。払っても7-800円程度の話だし。
・復路タクシー@早朝空港行きは、ホテルロビーのタクシー呼び出しパネルを使えて特に無事。あれがなかったら認可もどきデザインのタクシーが次々ホテル前に到着する感じだった。それでも到着時に「ワンモア」とせびられた、まあそれも200円くらいだし、そもそも全料金で日本の初乗りレベル。それでいいなら、安全で快適な旅行と金払いの良さにはある程度の相関関係あるな、と学んだ。
・そういうタクシーの人にしろ街角のお店の人にしろ、人あたりが「家族的」だな、っていう感じがする。家族に接するようにこちらにも接してこられるから、ある時はがさつや柄悪く思えたり、妙に人なつっこかったり優しかったり、あっさり平然としてたりする。外国人観光客扱いされてる気があまりしない。
・そういえば噂の「野犬」をいっさい見なかった。そういうエリアしかうろちょろしてないと言えばそうなんだけど。
・結局ブカレストで危険を感じることはほぼなかったですが、それも、ごく限られたエリアでしか行動しておらず、公共交通を使う機会もほぼなく、危険性を感じる場所や時間帯で行動しておらず、単独外出もほとんどなくて、事前注意情報も熟読してて、深酒しないよう注意してた、からかな。

posted by egamiday3 at 08:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

(Q&A)「司書の心得は」「これからの図書館は」「実習にて」


 寄席の常連さんから質問を出してもらってそれに答える、という三題噺企画の、質問と答えの紹介です。一部改変入り。

-----------------------------------------------------
Q「図書館で働く者として、どういうことを心得ておくのが良いですか?」

 世の中のほとんどの人、大多数の人が、図書館というものに何の興味も関心も持ってない、ということを常に忘れないようにしておくことかな、と思います。

 忘れちゃうんですよね、こういう仕事してると。もちろん自分では、図書館のような施設なり仕組みなりというのは社会世界の役に立てるはずの、意義のあるものだというふうに考えてはいるんだけど、世の中のほとんどの人、住民、納税者の多くは、まあまずそんなことは考えてないし、なくてもまあまあ困らないと言う人が大多数だろうし、そして、そういう人たち、そういう社会世界を相手にして仕事してるんだっていうことは、常に意識してないとなって思いますね。
 それは、だから説明やアピールがあの手この手で不断に必要なんだ、ってことでもあるし、また逆に、「図書館大事だ」っていう自分の考えが果たして正しいのか?と常に自分自身に疑いをかけ続ける、検討検証し続ける、ってことでもあると思いますね。
 図書館関係なしに、自分で自分に疑いを持たずに仕事してると、だいたいヤバい、と思いますね。

-----------------------------------------------------
Q「ITが進んで、検索も蔵書管理も便利になっていくと、これからの図書館はどうなっていくでしょうか?」

 図書館って、検索ができて、本が読めたら、それで終わりでしょうか、っていうとそうじゃないと思いますね。 
 だから、ITが進んで検索も蔵書管理も便利になっていけばいくほど、やっと本当にやりたかったことができる余裕が生まれる、ていうことだろうと。残念ながらいままではコストのかけ方が偏ってたせいで、別のところへの注力を割愛しがちだったんだけど、それは注力する必要がなかったからしなかったのではなくてしたくてもできなかっただけだから、できるようになったらやったらいいんだ、ていうことを思い出したらいいんだと思いますね。
 関係ないかもしれないけど、図書・図書館史を学ぶ意義のひとつは、そういうことを思い出すってことなんじゃないかなとも思いますね。

-----------------------------------------------------
Q「来月、図書館実習として、実際にどこかの図書館に行って働くということをします。どういうことに気をつけたらいいでしょうか」

 そこでの仕事のやり方や、その図書館での資料・利用者に対する考え方、というのは極めてローカルなもので、まったく標準でもなんでもない、よそへ行けばガラッと変わる、ということはぜひ理解しておいてください。
 図書館の仕事は、目録規則とか分類とかサービスとかでかなり標準化されてる、という一面があるにはあるものの、やっぱりかなりの程度で閉じた職場という感があるところだと思います。なので、現場の日常業務的なところは基本的にローカルルールのかたまりでできてるという感じです。しかも、学生の実習生に体験させ任せることができるような種類のお仕事については、特にその傾向が強いんじゃないかなって気がしますね。
 なので、たまさか派遣された先の図書館での仕事が、ぜんぜん合わなかったから自分はこの仕事向いてないのかとか落ち込む必要はまったくないし、逆にそこで教わったり学んだしたことが他所でもそのまま通用するかというとそういうこともまったくないし、ということは忘れないでもらいたいなって思います。
posted by egamiday3 at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

デジタルアーカイブについていろいろと考えたメモ


 先日、とある場でデジタルアーカイブについていろいろ議論する機会があって、で、これはその議論をメモしたわけでもなんでもないんだけど、その議論を含めて全体的になんとなく自分で考えたりしたことのメモ。


・システムが先か利用/ユーザが先かについては、システムが新しい利用を掘り起こす、っていう理屈はなるほど確かにわかるし同意なんだけど、一個のイノベーティブなものをとんがって開発ならそれがいい、けどナショナルな社会的インフラの整備でそれだとマズイんじゃないか、ていう感じかしら。
・イングレスでポータルをエンリッチすれば、ポケストップもリッチになる、それによって街をデジタルアーカイビングさせていける。そういう活動について。(註:まあポケモンもいつまで有効は疑問)
・では、アーカイビングするに足る街とは。あるいは、街をアーカイビングしてどう活かせるのか。
・文化資源、学術情報、地域、芸術、呼称はいろいろあるでしょうけど、どれかを採るとどれかが落ちるわけで、どれかに拠るわけではない、全方位を包括する、ワンアップ上を行くメタなワードを、なんとか創出・普及させられないかって思うんだけど、それが「アーカイブ」なんだったらそれでもいいと思うんですね。
・ていうか、たぶんどんな業種、どんな分野にも、ひとりやふたり、1%や2%くらい、”デジタルアーカイブ”的な議題・課題に興味関心を持ってる人ってあまねくいるんじゃないかと思うんで、そういう各業種各分野の人を缶詰を開けるときの取っ掛かりとしてのツメとして、リーチしていけるような議論・企画ができたらいいんじゃないかな、って思いました。
・そういう人たちを招いて企画を催す、ディスカッションを実施する。それは、ディスカッションの中身や結論が効果を左右するというよりも、ディスカッションを実施する、あるいは招く・招へいするということ自体が、ひとつの広報活動、ていうことなんじゃないかなと。
・興味関心を持つ=能動的な態度をとる、だから、能動的に何かしてもらうのが手っ取り早いよな、そりゃそうか。
・京都にとってアーカイブとは? 観光? 寺社? 老舗? 学校? 地蔵? 伏見? 映画村? 任天堂? 挙げだしたらきりがない。京都学自体がアーカイブ学?
・だったら、”京都”は自らの”アーカイブ”を具体的にどう”活かし”てるんだろう?
・「MALUIマインド」という言葉がよぎった。意味はわからない。
posted by egamiday3 at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする